若草物語|映画スクラップブック


2020/05/21

若草物語

若草物語
amazon

LITTLE WOMEN
1949年(日本公開:1949年12月)
マーヴィン・ルロイ ジューン・アリソン マーガレット・オブライエン エリザベス・テイラー ジャネット・リー メアリー・アスター ピーター・ローフォード ロッサノ・ブラッツィ

1949年製作のMGMテクニカラー版。
ジャネット・リー、ジューン・アリソン、エリザベス・テイラー、マーガレット・オブライエンの四姉妹。母親はメアリー・アスター。隣家のローレンスにピーター・ローフォード、ニューヨークで出会う教授にロッサノ・ブラッツィ。

1860年代に書かれた通俗小説が原作なので、物語が古めかしいのは仕方なしとして、それでもやっぱりなあ。末の妹が不治の病で死んでしまうお涙頂戴があざといし、出てくる男がすべて優しく善人で、いかにも女性が書いた理想の男性像ってのが、メルヘンだよなあ。作者はフェミニズムの元祖でもあるし、日本でも愛読者は多い。噛みつかれるの怖いから原作を貶すのはやめておこう。

色彩は綺麗。エリザベス・テイラーとジャネット・リーも綺麗。貧乏という役柄ではあるがスターの輝き。メルヘンにリアルは求めない。
ブッと吹き出してしまったのは、ジョーが小説を書き終わる終盤にある場面。なぜ屋外で、枯葉散る庭先で執筆してたの?

マーヴィン・ルロイは手堅いといえば手堅い、平凡といえば平凡。ギャング、コメディ、ミュージカル、なんでもござれ。百戦錬磨の職人監督なので、映画が成功するか否かは脚本と出演者次第。現役だとロン・ハワードがそんな感じか。
今回、MGMオールスターズで顔ぶれは豪華だったけど、脚本にメリハリなく、見せ場を作ってもらえなかったのが、もったいなかったね。

あと、キャスティングなんだけど、原作知らない人が観たら、ジョー(撮影当時30過ぎていたジューン・アリソン)が四姉妹の長女だと思っちゃうんじゃない?

60

映画採点基準

80点 オールタイムベストテン候補
75点 年間ベストワン候補
70点 年間ベストテン候補
65点 上出来・個人的嗜好
60点 水準作
55点以下 このサイトでは扱いません

個人の備忘録としてのメモ&採点
オススメ度ではありません