ドリーム|映画スクラップブック


2020/10/24

ドリーム

ドリーム
amazon

HIDDEN FIGURES
2016年(日本公開:2017年09月)
セオドア・メルフィ タラジ・P・ヘンソン オクタヴィア・スペンサー ジャネール・モネイ ケヴィン・コスナー キルステン・ダンスト ジム・パーソンズ マハーシャラ・アリ オルディス・ホッジ グレン・パウエル キンバリー・クイン

NASAの宇宙開発計画に参加していた3人の黒人女性数学者を描いた実録ドラマ。
「ライトスタッフ」のスピンアウト的なストーリーだが、狙いは黒人差別のテーマにある。これを攻撃的にならないよう、ユーモアとウィットを交えて、明るくソフトなタッチで描いたところが、この映画を成功させた要因といえる。

出演者は3人の黒人女性以下、みなさん好演。
汚れ役のキルステン・ダンストが良い。ケヴィン・コスナーもかつての嫌らしさが抜けてすっきり良い。映画が終わるまで、彼があのナルチ臭をプンプンさせていたコスナーだとは気づかなかった。

女性トイレのエピソードと、「偏見はないのよ、わかって」「わかってるわ、あんたがそう思い込んでいるのは」のセリフが素晴らしく、強く印象に残った。
差別問題の本質を、さりげなく、強烈に突いている。

「ライトスタッフ」でも、悪意なくホセ・ヒメネスの真似をするスコット・グレンを、プエルトリコ系の看護師がやりこめるエピソードが入っていたが、このようなアプローチは、70年代以前の映画では見られなかった。

どんな境遇にあっても、夢を諦めない勇気と行動が、人生を明るく照らしてくれる。
そんなアメリカ的な、あまりにもアメリカ的な爽快感動作。

70

映画採点基準

80点 オールタイムベストテン候補
75点 年間ベストワン候補
70点 年間ベストテン候補
65点 上出来・個人的嗜好
60点 水準作
55点以下 このサイトでは扱いません

個人の備忘録としてのメモ&採点
オススメ度ではありません