砂塵|映画スクラップブック


2021/01/18

砂塵

砂塵|soe006 映画スクラップブック
amazon

DESTRY RIDES AGAIN
1939年(日本公開:1941年05月)
ジョージ・マーシャル マレーネ・ディートリッヒ ジェームズ・スチュワート ブライアン・ドンレヴィ チャールズ・ウィニンガー ウナ・マーケル ミシャ・オウア アレン・ジェンキンス アイリーン・ハーヴェイ ジャック・カーソン ウォーレン・ハイマー ビリー・ギルバート サミュエル・S・ハインズ

邦題はタイトル詐称。砂埃を感じさせないパラマウント製の小粋な西部劇。

酒場の歌姫(性悪)マレーネ・ディートリッヒが、新任保安官補佐のジェームズ・スチュワートに惚れ込み、仲間のいかさま師(ブライアン・ドンレヴィ)を裏切る。

メル・ブルックス「ブレージング・サドル」の元ネタ。

砂塵:ジェームズ・スチュワートとマレーネ・ディートリッヒ

強面の復讐劇「ウィンチェスター銃'73」よりも、こっちのほうがジミーらしい。フランク・キャプラ映画でお馴染みの、飄々としたキャラクター。
ディートリッヒも、如何にもディートリッヒらしい鉄火肌の酒場女を好演。歌も披露。

保安官に任命される酔いどれチャールズ・ウィニンガー、助手のロシア人ミッシャ・オーア、悪徳市長と、キャラの配置も定石通り。他愛のない娯楽作。
肩の力を抜いて楽しめる。

全編に軽いユーモアが散りばめられたガン・ファイトのない西部劇。コメディといってもいい。クライマックスに規模の大きいモブを用意してあるが暴れているのは主にオバちゃんばかり。
舞台となる町の名が「ボトルネック」、酒場が「ラストチャンス」というのが笑える。

60

ツイートする facebookにシェア LINEで送る

映画採点基準

80点 オールタイムベストテン候補(2本)
75点 年間ベストワン候補(16本)
70点 年間ベストテン候補(76本)
65点 上出来・個人的嗜好(72本)
60点 水準作(71本)
55点以下 このサイトでは扱いません

個人の備忘録としての感想メモ&採点
オススメ度ではありません