殺人者|映画スクラップブック


2021/01/28

殺人者

殺人者|soe006 映画スクラップブック
amazon

THE KILLERS
1946年(日本公開:1953年04月)
ロバート・シオドマク バート・ランカスター エヴァ・ガードナー アルバート・デッカー エドモンド・オブライエン サム・レヴェン ヴァージニア・クリスティーン ジャック・ランバート ヴィンス・バーネット ウィリアム・コンラッド チャールズ・マックグロー

田舎町の食堂に怪しげな二人組が現れ、ガソリンスタンドに勤めていた元ボクサーの男を射殺する。ここまでがヘミングウェイの短編小説。

その後に展開する、殺された元ボクサーの身元を保険調査員が捜査していくうちに、数年前にあった工場の給料強盗事件が絡んでいたことが分かり、殺された男を色香で操っていた悪女の存在など、事件の真相を暴くという流れは、脚本家アンソニー・ヴェイラーのオリジナル。
1964年にリメイクされたドン・シーゲルの「殺人者たち」では、殺される男が元レーサーで、事件の真相を追うのは殺し屋(リー・マーヴィン)だった。

主人公は回想シーンで描かれるボクサー崩れの男(バート・ランカスター)だが、狂言回しの保険調査員(エドモンド・オブライエン)のほうが出演場面は多い。殺し屋やギャングの男たちも個性が出ていて悪くないが、この映画で最も輝いているのは、悪女役のエヴァ・ガードナー!

殺人者:エヴァ・ガードナー

デビュー間もないころの出演だが、彼女のファム・ファタールぶりが見られただけで満足。ピアノの前で歌う彼女に、ぼーっと見とれてしまうランカスターの気持ち、わかる分かる。ラストの自己保身丸出しのアップはすごいぞ。

殺し屋が食堂に入っていくとき、ひとりは表から、もうひとりは裏口からと、冒頭シーンからゾクゾクさせる。
クレーンを使った工場強盗の長回しもいい。ロバート・シオドマクの職人芸。

殺人者:バート・ランカスター

ストーリーも人物設定もフィルム・ノワールの典型。
入り組んだ回想場面に誤魔化された感じもあり、よくよく考えると小さな穴も散見されるだろうが、スピーディな展開で最後まで飽きない。

タランティーノがリメイクしたら3時間くらいになるんじゃなかろうか。

60

ツイートする facebookにシェア LINEで送る

映画採点基準

80点 オールタイムベストテン候補(2本)
75点 年間ベストワン候補(16本)
70点 年間ベストテン候補(76本)
65点 上出来・個人的嗜好(72本)
60点 水準作(71本)
55点以下 このサイトでは扱いません

個人の備忘録としての感想メモ&採点
オススメ度ではありません