オリエント急行殺人事件|映画スクラップブック


2021/03/14

オリエント急行殺人事件

オリエント急行殺人事件|soe006 映画スクラップブック
amazon

MURDER ON THE ORIENT EXPRESS
1974年(日本公開:1975年05月)
シドニー・ルメット アルバート・フィニー ジャクリーン・ビセット アンソニー・パーキンス マイケル・ヨーク ローレン・バコール イングリッド・バーグマン ショーン・コネリー リチャード・ウィドマーク ヴァネッサ・レッドグレーヴ ウェンディ・ヒラー ジョン・ギールグッド ジャン=ピエール・カッセル レイチェル・ロバーツ コリン・ブレイクリー デニス・クイリー ジョージ・クールリス マーティン・バルサム

イスタンブールの駅に続々とスターがやってくる場面に鳥肌がたつ。
それぞれの衣装がまた素晴らしい。千両役者の揃い踏み。

ゴージャス&グラマラス!

ポワロ役のアルバート・フィニーが見得切りまくりのオーバーアクト。だが、それがいい。ローレン・バコールはじめ、みなさん楽しんで芝居している。
アンソニー・パーキンスは「サイコ」のセルフパロディ演ってるし、自ら地味な役を希望して選んだイングリット・バーグマンの計算高さ。執事役のジョン・ギールグッドは余裕綽々。配役は百点満点。

オリエント急行殺人事件

超有名な原作(ゆえに結末=謎解きは誰もが知っている)だけに、ミステリーのテリングよりも、華麗で豪華なエンタテイメントに仕立てたところが大成功。
よくよく考えれば、敵(リチャード・ウィドマーク)の側近に2人も潜入しているのだから、いつでも殺せたところを12(+1)人揃って、しかもオリエント急行列車という格別な舞台に、ほとんど全員が身分を偽って一堂に会する。
劇場型犯罪というより演じるための犯罪劇。
まさに西洋花形歌舞伎。

オリエント急行殺人事件

シャンパングラスを交わすお洒落なカーテンコール。シドニー・ルメットは、きっちり役者の為所(しどころ)を押さえ、つくづく舞台の人だなあ、と。

貧乏くさいニューシネマ時代の末期に製作(1974年)された、贅沢を楽しむ映画。

劇伴音楽にシビアなルメットが、如何にもな映画音楽(リチャード・ロドニー・ベネット)を使ったのも珍しい。壮麗なメインタイトルはもちろん、イスタンブール駅発車場面のワルツが黄金時代のハリウッド流儀でいい。

オリエント急行殺人事件

70

ツイートする facebookにシェア LINEで送る

映画採点基準

80点 オールタイムベストテン候補(2本)
75点 年間ベストワン候補(16本)
70点 年間ベストテン候補(76本)
65点 上出来・個人的嗜好(72本)
60点 水準作(71本)
55点以下 このサイトでは扱いません

個人の備忘録としての感想メモ&採点
オススメ度ではありません