キングコング:髑髏島の巨神|映画スクラップブック


2021/03/30

キングコング:髑髏島の巨神

キングコング:髑髏島の巨神|soe006 映画スクラップブック
amazon

KONG: SKULL ISLAND
2017年(日本公開:2017年03月)
ジョーダン・ヴォート=ロバーツ トム・ヒドルストン サミュエル・L・ジャクソン ジョン・グッドマン ブリー・ラーソン ジン・ティエン トビー・ケベル ジョン・オーティス コーリー・ホーキンズ ジェイソン・ミッチェル シェー・ウィガム トーマス・マン テリー・ノタリー ジョン・C・ライリー MIYAVI ユージン・コルデロ ウィル・ブリテン マーク・エヴァン・ジャクソン リチャード・ジェンキンス

クリストファー・ノーラン版「バットマン(ダークナイト)」三部作や「パシフック・リム」など、特撮映画を専門に製作しているレジェンダリー社のキングコング。
今回のコングはオリジナルから離れ、地下空洞世界に巣食う怪獣たちを、その出入口である髑髏島の洞窟から出ないよう監視している守護神という新設定(平成「ガメラ」と近似してる)。

キングコング:髑髏島の巨神

ストーリーは思いっきりB級に傾いた。
今度のは体長31.6メートルだそうで、東宝怪獣並みにでっかい。若い女性が好き、という性癖だけは受け継いでいる。最新のデジタル技術を駆使した特撮(ILM)が最大のポイント。
髑髏トカゲとのラストバトルは大迫力。
監督は宮崎駿のアニメ映画(「天空の城ラピュタ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」)に傾倒しているそうで、それらを模倣(オマージュ)した場面が散見される。

キングコング:髑髏島の巨神

CGアクション映画はいささか食傷気味だけど、サミュエル・ジャクソンとジョン・グッドマンが出ていたので、いちおう見てみた。ドラマ部分の作りが、紋切り型なわりに雑で安っぽく、キャラが薄っぺらい。
ジョン・C・ライリー扮する第二次大戦の生き残りとか良い設定なのに、うまく活かされていない。戦闘に憑かれ誤った行動にはしる指揮官(サミュエル・ジャクソン)とか、故郷を想う若い兵士の死とか、「またかよ」ってうんざりしてしまう。

喜怒哀楽を表情に出さず、無言で意思疎通する原住民がユニークでおもしろかった。

キングコング:髑髏島の巨神

60

ツイートする facebookにシェア LINEで送る

映画採点基準

80点 オールタイムベストテン候補(2本)
75点 年間ベストワン候補(16本)
70点 年間ベストテン候補(76本)
65点 上出来・個人的嗜好(72本)
60点 水準作(71本)
55点以下 このサイトでは扱いません

個人の備忘録としての感想メモ&採点
オススメ度ではありません