ロケットマン|映画スクラップブック


2021/05/16

ロケットマン

ロケットマン|soe006 映画スクラップブック
amazon

ROCKETMAN
2019年(日本公開:2019年08月)
デクスター・フレッチャー タロン・エガートン ジェイミー・ベル ブライス・ダラス・ハワード リチャード・マッデン ジェマ・ジョーンズ スティーヴン・マッキントッシュ スティーヴン・グレアム テイト・ドノヴァン チャーリー・ロウ トム・ベネット

エルトン・ジョン自ら製作総指揮を務めた伝記ドラマ。不幸な家庭環境で育ち、音楽の才能を認められ、やがて作詞家のバーニー・トーピンとコンビを組んでヒット曲を連発、ロックスターへの道を駆け上る。監督は「ボヘミアン・ラプソディ」で製作総指揮を務めたデクスター・フレッチャー。

鳥みたいな奇抜な衣装のエルトンが、グループセラピーに参加し、アルコール依存症で薬物依存症で買い物依存症を告白しつつ、半生を回想する。本当の自分を知られるのが嫌で派手な外見を装って(自分を)誤魔化す心理(変身願望)が、うまくヴィジュアル化されているように思った。

ロケットマン

ファーザー・コンプレックス、クスリ依存、同性愛は「ボヘミアン」と同様だが、「ボヘミアン」より汚らしい感じが薄れているのは、本人が製作に関わっているからでしょう。自画自賛(自己弁護?)っぽくもある。

エルトン・ジョンとポール・ウィリアムスの違いも分からんくらい、このタイプの音楽にまったく疎いんだけど、「ボヘミアン・ラプソディ」よりちょっとだけ好感が持てたのは、エルトンのヒット曲をミュージカル仕立てでストーリーに組み込んでいたから。

ロケットマン

エルトンの音楽はメロディがなかなか心地よい。主演のタロン・エガートンが吹き替えなしで歌っているのも良い。ポール・ウィリアムスもメロディ・メイカーだし、この短躯でメガネな二人はよく混同してしまう。「トミー」でピンボールの魔術師を歌っていたのがエルトン・ジョン、「ファントム・オブ・パラダイス」がポール・ウィリアムス。ポール・ウィリアムスは「ダウンタウン物語」もチャーミングな映画だけど、エルトン・ジョンで最も有名なのは(日本では)「ライオン・キング」だね?

65

ツイートする facebookにシェア LINEで送る

映画採点基準

80点 オールタイムベストテン候補(2本)
75点 年間ベストワン候補(16本)
70点 年間ベストテン候補(76本)
65点 上出来・個人的嗜好(72本)
60点 水準作(71本)
55点以下 このサイトでは扱いません

個人の備忘録としての感想メモ&採点
オススメ度ではありません