イエスタデイ|映画スクラップブック


2021/05/17

イエスタデイ

イエスタデイ|soe006 映画スクラップブック
amazon

YESTERDAY
2019年(日本公開:2019年10月)
ダニー・ボイル ヒメーシュ・パテル リリー・ジェームズ ケイト・マッキノン ジョエル・フライ エド・シーラン ジェームズ・コーデン ロバート・カーライル

このタイプの音楽にまったく疎いけど、ザ・ビートルズは知ってるぜ! メンバーの名前だって全員言える、ジョンとポールとジョージとリンゴだ。終わりの方で主人公が会いにゆく老人が、1980年12月に暴漢に射殺されたジョン・レノンだってことも説明不要。映画で使われていた曲も半分以上知っていた。やっぱビートルズは凄いな!

そんな、おれだって知ってるザ・ビートルズを、誰も知らないパラレルワールド設定で描いたファンタジー・コメディ。監督は「スラムドッグ$ミリオネア」でぞっこんファンになったダニー・ボイル。

イエスタデイ

アイデア一発勝負の映画だけど、これが実に巧く作ってあり、最後まで退屈しない。脚本は「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス。この脚本家はキャラを立たせるのが本当にうまい。主人公にインド系移民のダサい男(ヒメーシュ・パテル=歌も本人の歌唱)を置いたところなんか見事と言うしかない。

スターになってもドラッグやセックスに溺れることなく、最後まで盗作の後ろめたさを抱いているのがいいし、「エリナー・リグビー」の歌詞を思い出せず試行錯誤する場面もいい。主人公の他にもビートルズを記憶していた人物がいた設定をぶち込んでおきながら、それを深追いしない。このさじ加減が絶妙。音楽ギョーカイの皮肉もたっぷり。

イエスタデイ

脇の描き方がまたうまい。中学校の教師でマネージャー役のリリー・ジェームズは可愛いし、ツアーに同行する腐れ縁の友人ジョエル・フライも面白すぎる。最高なのは女性プロモーター(ケイト・マッキノン)のゲスっぷり。主人公の両親(サンジーヴ・バスカー&ミーラ・サイアル)もばっちり笑わせてくれる。

学校教師に復職した主人公が、心の底から楽しそうに子供たちと歌う「オブラディ・オブラダ」はマジで感動した。音楽のちからって凄いな!

やっぱビートルズは凄いな!

イエスタデイ

70

ツイートする facebookにシェア LINEで送る

映画採点基準

80点 オールタイムベストテン候補(2本)
75点 年間ベストワン候補(16本)
70点 年間ベストテン候補(76本)
65点 上出来・個人的嗜好(72本)
60点 水準作(71本)
55点以下 このサイトでは扱いません

個人の備忘録としての感想メモ&採点
オススメ度ではありません