間諜最後の日|映画スクラップブック


2021/05/28

間諜最後の日

間諜最後の日|soe006 映画スクラップブック
amazon

THE SECRET AGENT
1936年(日本公開:1938年03月)
アルフレッド・ヒッチコック ジョン・ギールグッド パーシー・マーモント ピーター・ローレ マデリーン・キャロル ロバート・ヤング リリー・パルマー

偽装された葬儀のファーストシーンで、これは007だなと思った。

死亡報道された主人公(ジョン・ギールグッド)が執務室に現れ、しかも上司がR。新しい名前と経歴とパスポートを渡され、極秘任務でスイスのホテルへ。そこには金髪美人のボンドガール(マデリーン・キャロル)もいて、ふたりのラブラブを適宜挟みながら調査開始。カジノの場面があり、潜入したチョコレート工場からの脱出があり、クライマックスは軍用列車脱線転覆のスペクタクル。やっぱり007だ! BGMをジョン・バリーに差し替えて編集したくなっちゃった。(原案はサマセット・モームの短編小説)

間諜最後の日

不気味に鳴り止まない教会のオルガン、教会の鐘、主人の危険を予知する犬の啼き声、会話が聞き取れないほどの工場の機械音、機関車の汽笛と轟音。
過剰な音響効果による演出。これもヒッチ・タッチ。

王立演劇アカデミー出身のシェークスピア俳優だったジョン・ギールグッドは、これがスクリーン・デビュー作。当時32歳くらい。007のダニエル・クレイグっぽい感じもある。

禿頭のメキシコ人「将軍」を演じるピーター・ローレが面白い。愛嬌があって残酷で気味悪く、こんなユニークな悪役って他にいないだろう。
と書いたあとで、我が国には石橋蓮司という素晴らしい役者さんがいたのを思い出した。

65

ツイートする facebookにシェア LINEで送る

映画採点基準

80点 オールタイムベストテン候補(2本)
75点 年間ベストワン候補(16本)
70点 年間ベストテン候補(76本)
65点 上出来・個人的嗜好(72本)
60点 水準作(71本)
55点以下 このサイトでは扱いません

個人の備忘録としての感想メモ&採点
オススメ度ではありません