死霊伝説|映画スクラップブック


2021/09/21

死霊伝説

死霊伝説|soe006 映画スクラップブック
amazon

SALEM'S LOT
1979年(日本公開:1982年01月)
トビー・フーパー デヴィッド・ソウル ジェームズ・メイソン レジー・ナルダー ランス・カーウィン ボニー・ベデリア リュー・エアーズ バーバラ・バブコック マリー・ウィンザー ジョージ・ズンザ エリシャ・クック・Jr エド・フランダース

スティーヴン・キングの小説は面白い。あらすじだけ抜いたら陳腐極まりない法螺話だが、微に入り細を穿つ執拗な描写がページを捲らせグイグイ読ませる。読みだしたら止まらない。どれも上下2巻とか分厚い小説なので徹夜を覚悟しなきゃいけない。

本作はキングの長編2作目「呪われた町」を「悪魔のいけにえ」のトビー・フーパーが映画化。製作は「ポセイドン・アドベンチャー」や「タワーリング・インフェルノ」の脚本家スターリング・シリファント、脚本は「明日に向って撃て!」や「フロント・ページ」を製作したポール・モナシュ。
本格的な映画を期待したのだが、なんとも安っぽく雑な仕上がりにがっかり。しかし劇場公開版はテレビのミニシリーズを再編集した短縮版だったとのことで、DVDはノーカット版(3時間)を販売。こっちは評判がよろしいので、暇つぶしに見てみた。

死霊となった子供が窓の向こうにふわふわ浮かんでる場面が不気味でいい。吸血鬼は招待しないと勝手に入ってこられない。吸血鬼もののセオリーを遵守したオーソドックスなストーリー。
主演は「ダーティハリー2」の白バイ警官デヴィッド・ソウル。ヒロインは後に「ダイ・ハード」でマクレーン刑事の妻役をやったボニー・ベデリア。吸血鬼の世話役を演じるジェームズ・メイスンがベテランらしい風格をみせる。元がテレビ番組用なので、CM前後や次回に続くのタイミングで不自然に盛り上がる。

60

ツイートする facebookにシェア LINEで送る

映画採点基準

80点 オールタイムベストテン候補(2本)
75点 年間ベストワン候補(16本)
70点 年間ベストテン候補(76本)
65点 上出来・個人的嗜好(72本)
60点 水準作(71本)
55点以下 このサイトでは扱いません

個人の備忘録としての感想メモ&採点
オススメ度ではありません