ディープ・ブルー|映画スクラップブック


2021/09/22

ディープ・ブルー

ディープ・ブルー|soe006 映画スクラップブック
amazon

DEEP BLUE SEA
1999年(日本公開:1999年10月)
レニー・ハーリン トーマス・ジェーン サフロン・バロウズ サミュエル・L・ジャクソン LL・クール・J ジャクリーン・マッケンジー マイケル・ラパポート ステラン・スカルスガルド アイダ・タートゥーロ ダニエル・レイ ブレント・ローム

低予算B級ホラーの「エルム街の悪夢4/ザ・ドリームマスター最後の反撃」で活きの良い演出を買われ「ダイ・ハード2」に大抜擢されたところまでは良かったのだが、その後は大味な大作ばかりで興味が失せたレニー・ハーリンのサメ・パニック映画。
駄作揃いのサメ映画(というジャンルがあるらしい)のなかでは評判がよろしいようなので、(レニー・ハーリンだから)ダメ元で暇つぶしに見てみた。

ディープ・ブルー

サメの脳を使って新薬を開発している海洋研究所でトラブルが発生、凶暴な殺戮マシーンと化したサメが大暴れ、タイフーンで孤立した研究所の職員を食いちぎりまくる。

「JAWSジョーズ」と「エイリアン」と「ポセイドン・アドベンチャー」を足して、そこから「JAWSジョーズ」のサスペンスと「エイリアン」のミステリーと「ポセイドン・アドベンチャー」のヒューマニズムを抜いた、レニー・ハーリンらしい軽くて薄味なポテトチップス。登場人物に魅力がないのが最大の欠点。

製作費72億円で200億円(世界興行収入)の売り上げだそうです。凄いね。

60

ツイートする facebookにシェア LINEで送る

映画採点基準

80点 オールタイムベストテン候補(2本)
75点 年間ベストワン候補(16本)
70点 年間ベストテン候補(76本)
65点 上出来・個人的嗜好(72本)
60点 水準作(71本)
55点以下 このサイトでは扱いません

個人の備忘録としての感想メモ&採点
オススメ度ではありません