フォー・ウェディング|映画スクラップブック


2021/12/11

フォー・ウェディング

フォー・ウェディング|soe006 映画スクラップブック
amazon

FOUR WEDDINGS AND A FUNERAL
1994年(日本公開:1994年10月)
マイク・ニューウェル ヒュー・グラント アンディ・マクダウェル クリスティン・スコット・トーマス サイモン・キャロウ ジェームズ・フリート ジョン・ハナー シャーロット・コールマン コリン・レッドグレーヴ アンナ・チャンセラー デヴィッド・バウアー ローワン・アトキンソン ジェレミー・ケンプ

4つの結婚式と1つの葬式で構成された、その着眼点に優れたロマンチック・コメディ。

主演はヒュー・グラントとアンディ・マクダウェルだけど、ヒューを取り巻く家族・友人・元彼女たちと、多彩な登場人物が入り乱れての賑やかな仕掛けは、後年「ラブ・アクチュアリー」を監督したリチャード・カーティスの脚本らしい。

フォー・ウェディング

ひとつひとつのエピソードは呆れるほどありきたりなものだけど、ポップスBGMを多用したお洒落な場面作りで飽きさせない。セリフも面白いものが散りばめられている。
強引というか、安易な流れも多々見受けられるものの、この脚本家が作る人物は繊細かつ素直なので好感がもてる。

男のマリッジ・ブルーを描いているのが当時は珍しかった。男視点でみると主人公はどうしようもなく駄目な奴なのだけど、ヒュー・グラントが演じると、まぁ許せるというか、こいつならしようがない、みたいな。憎めないダメ男を演じたら天下一品。

フォー・ウェディング

最初っから「FUCK」が(故意に)連発されるのは嫌だったが、教会で(周囲に意味を悟られないよう日本語で)「バカ」を連発するギャグには笑ってしまった。

葬式のエピソードからラストに至る流れがグダグダ。結婚式と葬式でしか会っていない、つまり4、5回しか会っていない相手、アンディ・マクダウェルのキャラがきちんと描けてないので、ラストで二人がキスする場面にカタルシスがない。というか無理やりな予定調和でダサい。
司祭(Mrビーン=ローワン・アトキンソン)の言い間違えギャグも泥臭くしつこい。

60

ツイートする facebookにシェア LINEで送る

映画採点基準

80点 オールタイムベストテン候補(2本)
75点 年間ベストワン候補(16本)
70点 年間ベストテン候補(76本)
65点 上出来・個人的嗜好(72本)
60点 水準作(71本)
55点以下 このサイトでは扱いません

個人の備忘録としての感想メモ&採点
オススメ度ではありません