ザ・ディープ|映画スクラップブック


2022/01/21

ザ・ディープ

ザ・ディープ|soe006 映画スクラップブック
amazon

THE DEEP
1977年(日本公開:1977年07月)
ピーター・イエーツ ロバート・ショウ ジャクリーン・ビセット ニック・ノルティ ルイス・ゴセット・Jr イーライ・ウォラック ロバート・テシア ディック・アンソニー・ウィリアムズ アール・メイナード ボブ・マイナー

バハマ諸島でスキューバ・ダイビングのバカンスを愉しんでいたニック・ノルティとジャクリーン・ビセットのカップルが、海底に沈む難破船で古いスペイン銀貨と謎のアンプルを発見。灯台守のロバート・ショウに相談したところ、ギャングのボス(ルイス・ゴセット・Jr)に情報を嗅ぎつけられ、ブードゥー教の儀式で脅され、サメの群れや巨大ウツボや裏切り者(イーライ・ウォラック)に妨害されながら宝探しを続ける。
ようやく目当てのペンダントを見つけたところでルイス・ゴセット一味に襲撃をくらい、財宝を積んだ難破船は爆破され海底深く沈む。

ザ・ディープ

撮影のスタッフ・出演者のご苦労は並々ならぬものであったろうと察しますが、水中アクションはテンポが鈍く、ストーリーは凡庸、観光リゾートを舞台としているのに華やかさが感じられず、悪役に魅力がない。主役のニック・ノルティもパッとしない。野外エレベーターの格闘、灯台の爆破など、見せ場はしっかり用意されているのに、水中と陸上の行ったり来たりで盛り上がらない。財宝の価値が具体的に示されてないのも説得力不足で良くない。

ザ・ディープ

ジャクリーン・ビセットの濡れたTシャツ透け乳と、ロバート・ショウが浮上してペンダントを投げるエンディングの爽快さ、ジョン・バリーの音楽が好きなので、かろうじて及第点。

ザ・ディープ

ピーター・ベンチリー原作の映画化(よせばいいのに自作の映画化では脚本も書く)は、処女作の「JAWS ジョーズ」以外ろくなものがない。

60

ツイートする facebookにシェア LINEで送る

映画採点基準

80点 オールタイムベストテン候補(2本)
75点 年間ベストワン候補(16本)
70点 年間ベストテン候補(76本)
65点 上出来・個人的嗜好(72本)
60点 水準作(71本)
55点以下 このサイトでは扱いません

個人の備忘録としての感想メモ&採点
オススメ度ではありません