soe006 こどもの日の音楽

この日記のようなものは、すべてフィクションです。
登場する人物、団体、裏の組織等はすべて架空のものです。ご了承ください。

こどもの日の音楽

May 5, 2006

理想的なオーケストラ録音というと、ズービン・メータ&ロス・フィルのデッカ盤なんかが、もっとも私の理想に近いというか、好きな音であります。派手で。

「春の祭典」、「ペトルーシュカ」、「惑星」、「スター・ウォーズ」組曲(これは「惑星」のオマケ)……素晴らしいです。
音が良いから、聴く頻度も多くなる。

ストラヴィンスキー:春の祭典&ペトルーシュカ
logo

ストラヴィンスキー:春の祭典&ペトルーシュカ

ズービン・メータ指揮
ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団

1. バレエ「春の祭典」
2. バレエ「ペトルーシュカ」(1947年改定版)
3. 15奏者のための8つのミニチュア

1969年 ステレオ録音 Decca

ホルスト:組曲「惑星」
logo

ホルスト:組曲「惑星」

ズービン・メータ指揮
ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団
ロサンゼルス・マスター・コラール

1. ホルスト:組曲「惑星」
2. ジョン・ウィリアムス:「スター・ウォーズ」組曲
1971年 ステレオ録音 (Decca)

他に当時のメータ&ロス・フィルで評判が良いのは、「ツァラトゥストラはかく語りき」と「英雄の生涯」かな。
両曲がカップリングされた国内盤が1000円で出てるから、今度買ってこよう。
あと、マーラーの「第2番」も評価高いけど……苦手なんだよな、マーラー。唯一気に入っているのが(前も書いたと思うけど)「第1番」だけだもの。
もっともマーラーらしいのは、「大地の歌」と「第9番」と思いますけどね。なにしろ聴く機会がほとんどないのがマーラー。
一度も聴いたことのないオケの演奏がFMで放送されてても、スイッチ切っちゃう。

こどもの日に聴きたい音楽じゃないです。

今日は、オーマンディ&フィラデルフィアの「動物の謝肉祭」。
ついでに「ピーターと狼」も聴きましょう。
CDは、A面B面、連続再生してくれるから便利だな。
LP時代はひっくり返すのが面倒で、どっちか一つしか聴いてなかったし。

Amazon.co.jp アソシエイト リンク
ズービン・メータ&ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団
ユージン・オーマンディ&フィラデルフィア管弦楽団

soe006 ジャズと映画と娯楽小説/アーカイブ

Copyright 2022 soe006.com All Rights Reserved.