soe006 アニタ・オデイの超高速

アニタ・オデイの超高速

September 3, 2003

「Night and Day」、2分01秒。

アニタ・オデイ・シングス・コール・ポーター
amazon

アニタ・オデイ・シングス・コール・ポーター
Anita O'Day Swings Cole Porter with Billy May

(Verve)
01 Just One of Those Things
02 Love for Sale
03 You'd Be So Nice to Come Home To
04 Easy to Love
05 I Get a Kick Out of You
06 All of You
07 Get Out of Town
08 I've Got You Under My Skin
09 Night and Day
10 It's De-Lovely
11 I Love You
12 What Is This Thing Called Love?

Recorded by April 2,9, 1959 at Los Angeles
Anita O'Day(vo) with Billy May and His Orchestra

「I'm Falling in Love with Love」、1分27秒。

アニタ・オデイ・シングス・ロジャース&ハート
amazon

アニタ・オデイ・シングス・ロジャース&ハート
Anita O'Day And Billy May Swing Rodgers And Hart

(Verve)
01 Johnny One Note
02 Littel Girl Blue
03 Falling Love with Love
04 Bewitched
05 I Could Write a Book
06 Have You Met Miss Jones?
07 Lover
08 It Never Entered My Mind
09 Ten Cents a Dance
10 I've Got Five Dollars
11 To Keep My Love Alive
12 Spring is Here

Recorded by June 6, 7, 8, 1960 at Los Angeles
Anita O'Day(vo) with Billy May and His Orchestra

ビリー・メイとのソングブック・シリーズ、上の2曲に限らず、1曲目の「Just One of Those Things」から、ガンガンとばしている。
通常の2割増しのスピードだ。
もともとアニタはとばし屋サンだけど、ビリー・メイのアレンジは更にそれを煽っちゃって、もう許容限度ギリギリの綱渡り。
だから単調。すぐに厭きちゃう。
いつもは、1枚聴き終わらないうちにストップ・ボタンを押す。
1曲だけ聴くぶんには、とても爽快だけど。

「Tea for Two」、3分59秒。

アニタ・オデイ・アット・ミスター・ケリーズ
amazon

アニタ・オデイ・アット・ミスター・ケリーズ
Anita O'Day at Mr. Kelly's

(Verve)
01 But Not for Me
02 I Have A Reason for Living / My Love for You
03 Varsity Drag
04 It Never Entered My Mind
05 Tea for Two
06 Every Time I'm With You
07 Have You Met Miss Jones
08 The Wildest Gal in Town
09 Star Eyes
10 Loneliness is A Well
11 The Song is You

Anita O'Day(vo),
Joe Masters(p), Larry Woods(b), John Poole(ds)
Recorded by April 27, 1958 at Mister Kelly's Restaurant, Chicago

同年夏に行われたニューポート・ジャズ・フェスティバルでも超高速で唄っていた。
他の、例えばブロッサム・ディアリーの「Tea for Two」と聴き比べて、
これが同じ曲と気付く人って何人いるだろうか。
歌詞を考えれば絶対にあり得ないテンポで突っ走るアニタ!

どうして、そんなに早く唄わなきゃならんのか?

soe006 ジャズと映画と娯楽小説/アーカイブ

Copyright 2021 soe006.com All Rights Reserved.