soe006 「マトリックス リローデッド」

この日記のようなものは、すべてフィクションです。
登場する人物、団体、裏の組織等はすべて架空のものです。ご了承ください。

マトリックス リローデッド

September 7, 2003

いったんは終わっている噺なんやで。
それやのに聖林の商人が、柳の下には3匹の泥鰌がおんねんやでぇ。余所さんでよぉけ真似されとるけど、本家「銀亭」かて黙ってまへん。2匹目と3匹目の泥鰌、まとめて売りまひょか、ってなノリで作った大衆向けお菓子(金箔入り)

紀元1〜3世紀のキリスト異端派・グノーシスの神話がベースになっているとか吹いているが、後付の屁理屈に決まっとるわい。やたらと固有名詞を並べたて理論武装しとっても、映画は絵(映像)を見りゃ判るんや。これはそない大層なもんやない。モニカ・ベルッチの場面を見てみい、エロ丸出しやないかい。こんなもんに哲学なんぞという高尚なもん、ありまっかいな。真面目にもの考えてる人間がこないな悪ふざけの絵描くかい。遊びに決まっとるがな。

過剰? そうや、過剰な映像や
見てて笑うてもうたわ。
苦笑とか失笑とか、そういう類の笑いやで。間違わんといてや。

そうや、わしは古い人間や。アクション映画に心意気やら情念やらを求めるタイプの偏屈者や。
そやから出てくる奴らがみんな軽うてかなわんかったわ。
カーチェイスも、ドキドキハラハラ、ぜんぜんしません。
マンガやねんから、ぽか〜んと口開けて、パラパラめくってたらよろし。

みなさんサングラスしてたから感情が見えへんかったんやろうて?
ちゃうちゃう、そんなんとちゃう。サングラスかけてても、こいつグラスの向こう側ではなに考えとんのやろて、こっち側でいろいろ想像しますよ、普通は。
けどな、この映画の登場人物たちにはそんな感情移入、まったく出来ませんでしたわ。感情移入されるのを嫌っているキャラクター造り?
なんや知らんけど、そんなけったいな感じしましたわ。
べちゃくちゃ訳の判らんこと喋ってんと、早よう続きのアクション見せてくれ、それで笑わしてくれ思うて、苛々して見てました。

はい? 『アニマトリックス』でっか? あかんあかん、そないなもん見ておかんと理解できんような映画なら、最初っから観る気も起きまへんわ。マルチコンプレックス展開って言うんですか、近頃は映画だけやのうて小説とかゲームとかビデオとか、いろんなもんと抱き合わせで宣伝してますな。
『マトリロ』の世界を理解するためには、これ見とかんとあかんのやって、いろんなもん売ってはります。予習・復習を強要する、学校の勉強みたいで好きになれまへんな。
なんで莫迦マンガのために勉強せなあきまへんのや?

ま、途中までしか見せてもろうとらんのに、あーだこーだ言うたかて始まりませんわ。 続き見てから改めてお話させていただきまひょか。
結局、続きも見るんかい!

soe006 ジャズと映画と娯楽小説/アーカイブ

Copyright 2022 soe006.com All Rights Reserved.