soe006 トム・クルーズの横顔

トム・クルーズの横顔

June 15, 2006

唐突に観たくて観たくて、堪らなくなったので……
『シンバッド七回目の航海』と『世紀の謎 空飛ぶ円盤地球を襲撃す』を、ビデオで観ちゃいました。

こういうのは、我慢できない性分なので仕方ない。
観たいときにサッと観る。

もう何度も観ている映画だし、絶対に観なくてもかまわないのですが……いま観ておかないと、次はいつそんな気分になるか分からないし、このところビデオテープがどんどん劣化してるから、数年後、「観たい!」と思ったとき再生不能になってたりすると悔しいから、いま観ちゃう……ってのは屁理屈で、朝起きて、「ハリーハウゼンを観たい!」と直感したから、観ちゃった……というのが真相。ちょっとデンパっぽい理由だから、大声で公言しないだけ。
ほら、無性にラーメンが食べたいときってあるじゃないですか。
ステーキでもしゃぶしゃぶでもなく、松花堂弁当でもフレンチ・フルコースでもない。そんなもんより、絶対にラーメン! ってときが。
理屈じゃないんです。本能です。

で……
今回はダメでした。

そのときの体調や精神状態で、面白かったり退屈したりするのが映画見物の面白いところで……以前から、映画の感想に点数や☆をつけるのはバカバカしいと言ってるのは、そういうことなのであります……『シンバッド七回目の航海』がハリーハウゼンの代表作、傑作ファンタジーであることは、逆さ磔(はりつけ)で煮え湯をぶっかけられ、鞭打ち100発喰らったとしても否定しませんが……今回はあまり愉しく観られませんでした。
逆に、同時上映(まるで往年の池袋文芸座スーパーSF大会2本立ての気分!)の『世紀の謎 空飛ぶ円盤地球を襲撃す』のほうが、バカバカしくも面白く観られたのは、きっと『マーズ・アタック!』を経験した後だったからかも……です。
主人公の博士が車を運転していると突然背後に円盤が現れる場面とか、録音テープの回転を遅くして再生すると宇宙人からのメッセージが解読されたりとかの件は、もろ『未知との遭遇』ですね。スピルバーグもガキンチョだった頃、観てたんだろうな……なんてこと考えたりして。
『マーズ・アタック!』でパロられていた、ワシントン記念タワーの倒壊シーンも、元ネタはこの映画にあったんですね。国会議事堂やホワイトハウスに円盤がガンガン落っこちるクライマックスとか、低予算のくせになかなか凝った特撮(例のハリーハウゼン流ダイナーメーション……模型アニメで壊しちゃってるよ!)。
でも、まぁ、こっちは『シンバッド七回目の航海』と比べたら、月とスッポン、チープな愉しさを味わう小品でしかないですけど。

『未亡人下宿』や『痴漢電車』シリーズなど、数多くの傑作ピンク映画を世に放った山本晋也(元)監督(現なんちゃってタレント)によると……
世間には、「立派で面白い映画」と「立派だけどつまんねえ映画」と、「くだらないけど面白れえ映画」と「くだらなくてつまんねえ映画」の4種類があるそうです。
もちろん、山本(元)監督は、「くだらないけど面白れえ映画」を作り続けるぞ、と意思表明していたのですが、それから数年もしないうちに、監督業から足を洗っちゃったんですよね。

それで、えーっと……『シンバッド七回目の航海』のヒロイン、悪い魔法使いの妖術で、ちっちゃくされちゃったお姫様を演じているキャスリン・グラント(ビング・クロズビーの元奥さん)。コケティッシュな可愛さが魅力なんですけど、(女性にこんなこと言うのは失礼千万なのは承知で……)横顔はヘチャなんですね。
まあ、たいていの俳優はそうです。正面はメイクでなんとかなりますけど、横向くと素がでちゃう。
彫りの深い西洋人でさえそうなんだから、我らモンゴロイド系東洋人なんて、横顔で勝負できるヒーロー、ヒロインなんて、ほとんどいません。
大島渚監督は、『戦場のメリークリスマス』で、日本人を西洋人と共演させたとき、身に染みて分かったそうです。
「キャメラの方を向いて演技しろ!」

そこであいつの登場です。

柳の下には何匹の泥鰌がいるのか。またまた登場の『スパイ大作戦』。
往年の大ヒットTVシリーズとは(ラロ・シフリンのテーマ曲以外)まったく関係のない『ミッション:インポッシブル』第3弾が今夏公開。

そ、そ、そ、そうです! トム・クルーズ
このひと、ルックスに絶対的な自信を持ってるんですね。
ポスターはかならず横顔です。
それが実にサマになってます。憎らしいほどの男前です。

アクターズ・スタジオ出身者を中心とした、個性派俳優がハリウッドの主流になってしまってるなか、これほどまでにナルチシズム臭をプンプン匂わせている美形スターさんは、トム以外にいませんね。
他に誰かいたっけ? って考えてみたら……なんとルドルフ・ヴァレンチノまで遡れそうです。
アラン・ドロンも男前だったけど、横顔じゃトムに負けてるな。

Amazon.co.jp アソシエイト リンク
レイ・ハリーハウゼン
特殊撮影
スティーヴン・スピルバーグ
ティム・バートン
トム・クルーズ
映画関連書籍(1) 映画ガイド
映画関連書籍(2) 外国映画
映画関連書籍(3) 映画論・映像論

soe006 ジャズと映画と娯楽小説/アーカイブ

Copyright 2021 soe006.com All Rights Reserved.