soe006 博多どんたくで中古盤漁り

この日記のようなものは、すべてフィクションです。
登場する人物、団体、裏の組織等はすべて架空のものです。ご了承ください。

どちらが熱心な愛好家?

May 2, 2003

3000枚のレコードを一度聴いたきりボール箱に仕舞い込んで満足している人間と、50枚のレコードを繰り返し聴いて慈しんでいる人間とでは、どちらが熱心な愛好家といえるのだろうか?

自分の残りの人生を仮に25年として、
1日1枚のレコードを聴くとすると、
25×365=9125
100枚を均等に繰り返しきいた場合、
1枚あたり 9.1回しか聴けなくなってしまう。

なんだか、いま以上にCDを増やしても、無意味な感じがしてならない。
それよりも、現在ボール箱に埋まってしまっている1枚1枚を、もう一度正面からちゃんと聴いてやるのが、良いことなのかも知れない。

だけど……ゴールデンウィークは中古フェアやってるし、最近のショップはデビッドカードが使えるから、日曜・祭日の多い日も安心だ。
さぁ、明日は午前中から忙しいぞ。
何軒廻れるか、体力の限界に挑戦だ!

博多どんたくで中古盤漁り

May 3, 2003

今日は博多どんたくに行って参りました。
運良く好天に恵まれ、街は人だらけ。

「博多どんたく港まつり」公式ホームページ

宗教とは一切関係ない、純粋に商業目的のイベントです。 最終日の「総踊り」のあとに博多港で花火を打ち上げるのが恒例でしたが、今年はスポンサーのKBC九州朝日放送が予算を捻出できず取り止め。不況で収入(CM放送料)減のところに、地上波デジタルの設備投資が重なり地方の民放は火の車。外部発注も激減してしまい、放送局に寄生して甘い汁を吸っていた輩はいま「ビンボー2 怒りの借金地獄」に大挙出演中です。

人を集めるためには手段を選ばないお祭りなので、とにかくいろんな所でいろんな事をやっています。
博多区を中心に33ヶ所にステージが設けられ、約300団体、総勢1万3千人余のどんたく隊が、あちらこちらでいろんな事をやっております。唄ったり踊ったり漫才やコント(もちろん博多にわかも)やったり、プロもいればアマチュアもいます。広場では沖縄の人たちが太鼓を叩いたり、長崎の人たちが蛇踊りを披露してたりします。メインの通りは車両完全封鎖。ひっきりなしに何らかのパレード。目が眩むほどの電飾が施された花自動車(昔は電車でした)も走っていて、ミスコンもやってます。キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーはビール、発泡酒、チューハイの試飲ブースを設け、何杯飲んでもキリがありません。ほろ酔い加減で金銭感覚を鈍らせるのが目的なのです。福岡市内の商業施設はこのときとばかり大バーゲン大会。もちろん欲しかったあの品この品、み〜んな安値で投げ売り状態。

そんな人混みの中を、ただひたすら歩き廻り、4軒の中古屋と3軒のBookoff で計23枚のCDを漁ってきました。
総額14250円(消費税別)。1枚あたり 620円。
うん、なんだか得した気分。

soe006 ジャズと映画と娯楽小説/アーカイブ

Copyright 2022 soe006.com All Rights Reserved.