soe006 頭のおかしな人の日記

この日記のようなものは、すべてフィクションです。
登場する人物、団体、裏の組織等はすべて架空のものです。ご了承ください。

ウェブ・マナー

September 25, 2004

2ちゃんねるの「おやくそく」にある一文(頭のおかしな人の判定基準)が面白かったので、まるごと引用。

頭のおかしな人の判定基準

・「みんなの意見」「他の人もそう思ってる」など、自分の意見なのに他人もそう思ってると力説する人
他人が自分とは違うという事実が受け入れられない人です。自分の意見が通らないとコピペや荒らしなど無茶をし始めるので見かけたら放置してください。
・根拠もなく、他人を卑下したり、差別したりする人、自分で自分を褒める人
他人を卑下することで自分を慰めようとする人です。実生活で他人に褒めてもらう機会がないがプライドだけは高いとか、匿名の掲示板しか話し相手のいない人です。可哀想なので放置してください。
・自分の感情だけ書く人
「〜〜がムカツク」とか自分の感情を掲示板に書くことに意味があると思っている人です。
何がどのようにムカツクのか論理的に書いてあれば、他人が読んでも意味のある文章になりますが、そういった論理的思考の出来ない人です。もうちょっと賢くなるまでは放置してあげてください。

これは掲示板に限らず、インターネットという公共のエリアで日記を公開している人間にも当てはまることだと思うので、来週はこの「頭のおかしな人」を実践した「そえたいそえりろん」をやってみようと思う。
ちっとは面白いものになるかも知れない。

頭のおかしな人の日記

September 30, 2004

表題「頭のおかしな人の日記」……と書いて数日が過ぎた。

だめだ、俺には書けない、そんなの書けっこない。
はじめから無理だと判っていたのだ。

「あぼ〜ん」とか、
「ワショーイ」とか、
「萌え〜」とか、
「このリテ糞が」とか、
「この厨房が、消防が、生姜臭えが」とか、
「逝ってよし」とか、
「氏ね」とか、
「(ワラ、(藁、(ワラ、(lol、(w、(^^」とか、
「ぬるぽ」とか、
「ガッ」とか、
「−−−−−− 終了 −−−−−−」とか……

たとえどんなにダークでダーティでワイルドな2ちゃん用語を駆使して書いたとしても、なぜかしら俺の文章には痴性知性がにじみでてしまう。書けば書くほど真っ当な社会人としての常識が表層化してきてしまう。
ああこいつは基地害のふりして書いてるけど実際は普通の奴なんだな、道徳的というか悪くいえば人畜無害、平々凡々たる真面目な人間なんだな、ってことがバレバレになってしまう。

やはり「2ちゃんねる」で暴れているバカとは、人間の気質というか性格というか(あるいは気品と呼んでいただいてもいっこうにかまわないのだが)そうしたいわいる一つの人格が相違しているのであろう。
これは生まれながらに持った基本的な本能と、これまでの豊かで充実した人生経験とが、具の多いボンボン亭特製長崎チャンポンの如くごた混ぜとなって自然形成されたもので、そこんじょそこらの一般平民が太刀打ちできるレベルではないのだ。
莫迦な事をしゃべり、莫迦なことをして、転んで怪我して、おかあちゃんに怒られて、「ごめんよ、ごめんよ」って泣いて謝って、莫迦な日記を書いたとしても、それは俺の仮の姿。本質的に高潔な人品は、どのような手段をこうじようとも隠しようもなく、揺るがせようもない。

だから、
酔っぱらった勢いで、
「ねーちゃん、一発やらせろ!」とか喚いていても、
それは本質的な俺ではなく、仮の姿であり、ブンガクテキ表現を用いるならば虚無の幻夢と修辞してもいっこうに差し支えのないブンガクテキ言動であって、たとえその卑猥な言葉と同時にぺろんと尻を撫るという愚劣極まりない行為が付随していたとしても、やはりそれは虚無の幻夢的愉悦追求表面化現象のひとつであり、俺の基本的な本能の意図するものとは根本的に異なった行為であるからして、本気(マジ)でひっぱたくのは無粋というものだろう。
もちろん、「やってもいいわよ」という奇特な方がいらっしゃるのであれば、紳士の嗜みとしてそれに応じるのは吝か(やぶさか)ではない。

やはり今宵の日記も、
俺の知性痴性が滲み出てしまったような気が汁。(藁

soe006 ジャズと映画と娯楽小説/アーカイブ

Copyright 2021 soe006.com All Rights Reserved.