soe006 ゲートボール

この日記のようなものは、すべてフィクションです。
登場する人物、団体、裏の組織等はすべて架空のものです。ご了承ください。

ゲートボール

March 8, 2006

さて、3月であります。
明日からまた、ゲートボールであります。
うちのチームは、夏は暑いので練習お休み、冬は寒いので練習お休み。
まことにだらしない集団なので、春秋の期間限定チームなのであります。

そんなチームなので、当然ですが、まったく上達しません。
もう10年以上やっているのに全員ヘタクソ。
向上心というものが完全に欠落しているのであります。
第1ゲート(これをクリアしないとゲームに参加できない)を失敗しても、「ありゃあ」とか言って苦笑い。試合時間が半分以上過ぎてもまだ第1ゲートをクリアできてなくて、それでもいっこうに焦りはなく「今日はダメだなあ」とか言って笑ってるし、とうとう第1ゲートをクリアできないまま試合が終わってしまっても、「ありゃりゃんりゃん」とか言って笑ってるし、周りのメンバーも「そういうときもありますよ、あはは」とか笑ってる……これじゃ何年やっても同じであります。

第1ゲートを失敗した奴は、コート10周ウサギ跳び、腹筋と腕立て伏せ100回、とか梶原一騎的ど根性体罰を与えたら、少しはピリッとすると思いますが、それやるとメンバーのほとんどが納骨されてしまうという、諸刃の剣。
別に納骨されようが野ざらしになろうが、代わりのメンバーが補填されるのであれば、俺様はちっともかまわないんですけどね。
ゲートボールって、どうしてもジジババの遊びってイメージがありますから、そんなこんなで敬遠されているのが現状。欠員補填はかなり難しい。

とは言っても、うちのチームは他のところと比べると、若い人も多い。
30代の女性や40代の男性(俺のこと)も入ってるし、全国ゲートボール人口全体からみると、ヤングなチームといえるでしょう。

やってみると、けっこう面白いんですよ。
運動量は微々たるものだから、これでダイエットしようとか、筋力アップしようとか、そんなのは期待できませんけど。
もっとも、正確なショットを叩き出すためには相応の腕力が基礎としてあった方がよいので、バーベル持って散歩したり筋トレやっている人もいらっしゃいますけど……うちのメンバーにそんな殊勝な奴はいない。

どちらかというと、ビリヤードみたく、アタマを使うタイプのゲームですね。
ルールを簡単に説明すると……
自分の球を他人の球に当て、それが味方の球だったらチームの有利になる場所に置き、敵の球だったらコートの外にはじき出す。3つのゲートをくぐらせ、より多くの球を上がり棒に当てた方の勝ち。
(実際はそんなに単純ではないのですが)
ゲートや球を狙って打つ。しかし失敗するときもある。もし失敗したときは敵のエサになる。そんなリスクを回避しつつ、自チームの有利になるような場所を考える、狙う、打つ。
個々の技術よりも、試合の流れを見極めた、チーム全体の作戦がものをいいます。ボケ防止(認知症対策)にいいみたいです……とは言え、第1ゲートをクリアできなきゃ、いくら良い作戦を用意してたって無意味ですが。
ビリヤードと違って屋外のコートでやるので、試合場の状態にも左右されます。砂の粒が大きかったり、デコボコしてたり、前日に雨が降って重くなっていたり、芝がはってあったりする。それで球の転び方が変わってくる……そんなところはゴルフのパター・ショットに似てるかな?

3年前の試合のときのこと。
午前中の予選リーグを順調に勝ち抜き、いよいよ午後の決勝トーナメント。
あと3ゲーム続けて勝てば優勝。
組み合わせのくじ引きで第1試合は不戦勝。ラッキー!
残り2ゲーム。
その時、朝からどんより曇っていた天空より、大粒の雨がポツポツ。
あっという間に土砂降り。コートの中は田植えの水田状態。
全身びしょ濡れ、泥水を跳ねながら駆けまわり、「3番(球)はどこだ! 3番、3番!」と叫ぶ姿は、まるで『七人の侍』の勝四郎。
結局、「今度も負け戦だったな」という結果に終わってしまいました。

最近は、グランド・ゴルフってゲームも流行っていて、そちらの方がよりゴルフに近く、ゲートボールよりも体力を使うので、健康指向のお年寄り集団はそっちに転向しているところもあります。
うちもちょっと検討したのですが、それ用のスティックや球、備品をあらためて買い揃えなきゃいけないので、諦めました。
ちなみにゲートボールのスティックって、安物のアルミ・ヘッドでだいたい1万円以上します。けっこうするでしょ? 良いものになると、これもゴルフ道具と同じで、天井知らず。
でも無理して買うことないです。
近所でやってる老人チームがあったら、頻繁に見物に行って仲良しになり、あとは待つだけ。そのうち誰か死ぬので、○○さんの遺志を継ぎたいと思います、とか殊勝なことを口にすれば、その人が使っていたスティックをタダで貰えます。

興味を持たれた方は、近所のゲートボール場を覗いてみてください。

Amazon.co.jp アソシエイト リンク
ゲートボール
フィットネス・トレーニング/トレーニング器機・マシン
高齢化社会/福祉・介護

soe006 ジャズと映画と娯楽小説/アーカイブ

Copyright 2022 soe006.com All Rights Reserved.