決勝戦

この日記のようなものは、すべてフィクションです。
登場する人物、団体、裏の組織等はすべて架空のものです。ご了承ください。

決勝戦

April 4, 2006

以前はよく見ていました。高校野球。
プレイそのものは面白いとおもいます。
しかし、それを取り巻くモロモロの状況が、イヤになっちまったんですね。
アナウンサーとか、解説者とか。精神論ばっかりでうざい。
精神力でどうにかなるんだったら、博打は成立しないですよ。

学校でトラブルがあったときの、連帯責任とか出場(辞退)停止とか、そんなのも胡散臭くて嫌い。
連帯責任と言うのなら、監督が辞表だしてもよさそうなものですが、それはない。生徒は退学させるくせに。

自分が高校生だった頃を素直に思い出せば、彼らを「純粋なスポーツ少年」として見ることはないだろうに。何故か、教育的見地からスポーツ選手は「そういうもの」としてしか語っちゃいけないような枠が出来ちゃってる。

子供の喧嘩に親が出てくる。
……ってのは、みっともないことだと思っているんだけど。
甲子園で優勝したチームの監督。何故か、翌日の新聞に写真入りで紹介されますね。
そのあと、いろんな講演会にひっぱりだこになり、あちこちで教育論とか精神論とか、喋りまくる。筆まめな監督は本まで出しちゃう(実情はゴーストラーターが聞き書きしてるんだろうけど)。
高校球児をダシに使って、商売(または売名)しているようにしか見えない。

ああいうの、本職の、たとえば精神科の臨床医とかがみたら、ちゃんちゃらオカシイだろうなあ。

応援席の女の子の涙も、「キャメラを意識した演技だなあ」とまでは思いませんが、結局、自己陶酔に近いものが感じられるんですね。これも気持ち悪い。
「あ〜ぁ、負けちゃった〜。さ、帰ろ帰ろ」ってな子がいてもいいんですが、キャメラはそういうの撮さないですからね。
プレイ自体は筋書きのないドラマでも、放送の枠全体が、毎回同じパターンの段取り芝居になっちゃってる。

いい歳こいた大人が昼間っから、子供たちのボール遊び(これ自体は面白いんだけど)に夢中になっているって状況、客観的にみて異常だなぁ、と感じるようになってからは見なくなりました。

やっぱ、スポーツって、(他人がやってるのを)見るものじゃなくて(自分で)やるものだと思いますね。

そっちのほうが、面白いもの。例えヘタクソでも。

Amazon.co.jp アソシエイト リンク
高校野球の本
高校野球/体育学・スポーツ医学
RECENT ADDITIONAL WebSITE
映画音楽名曲座 (2012年02月23日)
ジャズ倶楽部 (2010年03月10日)
クラシック名曲名盤ベスト3 (2010年02月25日)
こまくら テレビCMで聴いたクラシック (2010年02月25日)

soe006 ジャズと映画と娯楽小説/超個人的趣味のウェブサイト

AMAZON プライムビデオ

information

サイトの一部にFlash及びWindows Media Audio等のアクティブ・コンテンツを掲載しているページがあります。閲覧・視聴できない場合は、下記のロゴより無料ダウンロードページにジャンプして、最新版のプラグインをインストールして下さい。

Get ADOBE FLASH PLAYER Windows Media Player 無料ダウンロード

オンライン通販アマゾン・アソシエイトプログラムに参加しています。
書籍・DVD・CD等の購入にご利用ください。
国内配送料がすべて無料になりました。
支払いはクレジットカード、コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払い、代金引換が便利です。

Amazon.co.jp

動作確認:
Display:1280x1024px Color:32bit
Mozilla 5.0 Gecko Firefox 3.0
Microsoft Windows Internet Explorer 8.0
Safari 5.0 for Windows
Google Chrome 4.0
Firefox 無料ダウンロード Mozilla Firefox を推奨

サイトのリンクはご自由に。リンクの際の連絡は不要です。 但し、トップページ以外のアドレスは頻繁に変わります。ご了承ください。

ジャズと映画と娯楽小説

Copyright 2018 soe006.com All Rights Reserved.  E-mail; soe006@hotmail.com