誰が為に鐘は鳴る|映画スクラップブック


2021/01/26

誰が為に鐘は鳴る

誰が為に鐘は鳴る|soe006 映画スクラップブック
amazon

FOR WHOM THE BELL TOLLS
1943年(日本公開:1952年10月)
サム・ウッド ゲイリー・クーパー イングリッド・バーグマン エイキム・タミロフ アルトゥーロ・デ・コルドヴァ カティーナ・パクシヌー イヴォンヌ・デ・カーロ ミハイル・ラサムニー

1930年代のスペイン内戦を舞台に、山岳地域の鉄橋爆破任務についた米国軍人と、両親をフランコ反乱軍(ファシスト派)に殺され自らも頭を坊主に刈られ性的暴行を受けた若い娘の、ロマンス入り戦争活劇。
ゲイリー・クーパー、イングリット・バーグマン共演。

誰が為に鐘は鳴る:イングリット・バーグマンとゲイリー・クーパー

ヘミングウェイの原作小説から複雑な戦時状況を省略し、単純な冒険メロドラマに仕立てたところがハリウッド・スタイル。サム・ウッドの監督作の中では良くできている方。けっこう面白い。

誰が為に鐘は鳴る:鉄橋爆破

主演の2大スターで見せる映画ではあるが、洞窟をアジトとするレジスタンス(人民戦線)の女性闘士ピラー(カティーナ・パクシヌー:アカデミー助演女優賞)、臆病風に吹かれ裏切り気配をみせるエイキム・タミロフ(ゴールデン・グローブ助演男優賞)など、髭面の脇が良い表情をみせる。
クーパーもバーグマンも、あと10歳若くないと役柄のリアリティが出ない。

誰が為に鐘は鳴る

日本初公開時は150分。その後、長い間短縮版(130分)でリバイバル上映されていた。以前見たのはこの短縮版。今回のDVDはオーバーチュアとインターミッション付きのワールドプレミア上映版(165分)。パラマウント40周年記念超大作なのに、DVDの販売元はユニバーサル・ピクチャーズ。

70

ツイートする facebookにシェア LINEで送る

映画採点基準

80点 オールタイムベストテン候補(2本)
75点 年間ベストワン候補(16本)
70点 年間ベストテン候補(76本)
65点 上出来・個人的嗜好(72本)
60点 水準作(71本)
55点以下 このサイトでは扱いません

個人の備忘録としての感想メモ&採点
オススメ度ではありません