ボヘミアン・ラプソディ|映画スクラップブック


2021/05/15

ボヘミアン・ラプソディ

ボヘミアン・ラプソディ|soe006 映画スクラップブック
amazon

BOHEMIAN RHAPSODY
2018年(日本公開:2018年11月)
ブライアン・シンガー ラミ・マレック ルーシー・ボーイントン グウィリム・リー ベン・ハーディ ジョー・マッゼロ エイダン・ギレン トム・ホランダー アレン・リーチ マイク・マイヤーズ アーロン・マカスカー ダーモット・マーフィ メネカ・ダス エース・バティ プリヤ・ブラックバーン マックス・ベネット ジャック・ロス

「X-MEN」シリーズのブライアン・シンガー監督が、イギリスのロックバンド「クイーン」誕生からライブ・エイド公演まで、ボーカル&ピアノ担当のフレディ・マーキュリーを主人公に描いた伝記映画。このタイプの音楽にまったく詳しくないけど、製作スタッフに「クイーン」のギタリスト、ブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラーが加わり、実話に忠実なストーリーらしい。全編に彼らの音楽(歌唱はフレディ本人の音源を用いたとのこと)が流れる。

バンド結成からフレディが抜け駆け的にソロ活動するまでの前半はよくある出世物語で、そっくりさんによる再現ドラマ風。「クイーン」に興味ない人にはどうでもよく、ファンはそんなのもう知ってるよという感じだろうか。
フレディがAIDSを発病し、バンド仲間と和解してエイド公演を成功させる後半は、良くできている。ロックな息子を嫌悪していた父親が改心する場面は(唐突に挿入されるエピソードだが)感動的でなかなか良い。

ボヘミアン・ラプソディ

クライマックスは1985年7月にウェンブリー・スタジアムで開催されたバンド・エイド公演の再現。様々な撮影技法を駆使して最大の盛り上がりをみせる。そこに集約させるテリングに(実話を離れてでも)もう少し工夫があれば良かったのにと思う。 映画の最初の方で、フレディ(ファルーク・バルサラ)が移民差別されているあたりが「X-MEN」のブライアン・シンガーらしさ、だろうか。全体にストーリーが施されたミュージック・ビデオといった印象。誰が監督しても同じ。

あと個人的に、むさいおじさん同士のキスシーンは勘弁。

60

ツイートする facebookにシェア LINEで送る

映画採点基準

80点 オールタイムベストテン候補(2本)
75点 年間ベストワン候補(16本)
70点 年間ベストテン候補(76本)
65点 上出来・個人的嗜好(72本)
60点 水準作(71本)
55点以下 このサイトでは扱いません

個人の備忘録としての感想メモ&採点
オススメ度ではありません