ジュニア・ボナー/華麗なる挑戦|映画スクラップブック


2022/04/04

ジュニア・ボナー/華麗なる挑戦

ジュニア・ボナー/華麗なる挑戦|soe006 映画スクラップブック
amazon

JUNIOR BONNER
1972年(日本公開:1972年10月)
サム・ペキンパー スティーヴ・マックィーン ロバート・プレストン アイダ・ルピノ ベン・ジョンソン バーバラ・リー ジョー・ドン・ベイカー メアリー・マーフィ ビル・マッキーニー ダブ・テイラー チャールズ・グレイ マシュー・ペキンパー サンダウン・スペンサー

久しぶりに故郷アリゾナ州プレストンに帰ってきたスティーブ・マックィーンは、ロデオ大会で前回失敗した荒牛乗りに再チャレンジ。見事新記録をだして賞金を獲得する。
翌朝、母親アイダ・ルピノに別れを告げると、金鉱採掘で一攫千金を夢見る父親ロバート・プレストンのためにオーストラリア行きの航空券(ファースト・クラス)を買い、次の巡業への旅に出る。

最も好きなサム・ペキンパー監督の映画。
最も好きなスティーヴ・マックィーン主演の映画。

ジュニア・ボナー/華麗なる挑戦:スティーヴ・マックィーン

時代遅れのカウボーイ稼業に身を置くマックィーンとロバート・プレストンの父子をメインとした家族の物語。

ペキンパーの理想、男の夢。ファンタジー。
マックィーンのソーラー・プロが製作。

プレストンがオーストラリア行きの費用をマックィーンに無心する駅の場面がいい。

ジュニア・ボナー/華麗なる挑戦:スティーヴ・マックィーンとロバート・プレストン

ロデオ競技の場面は、かなりのショットでマックィーン自身が演じている。

ジュニア・ボナー/華麗なる挑戦:ロデオ大会のスティーヴ・マックィーン

母親役のアイダ・ルピノは1950年代に活躍した女優さん。

ジュニア・ボナー/華麗なる挑戦:アイダ・ルピノ

この映画と「ハイ・シエラ」と「魔鬼雨」の3本だけでしか見ていなかったけど、50年代にはスリラー映画の監督もやっていたことを最近になって知りました。

75

ツイートする facebookにシェア LINEで送る

映画採点基準

80点 オールタイムベストテン候補(2本)
75点 年間ベストワン候補(16本)
70点 年間ベストテン候補(76本)
65点 上出来・個人的嗜好(72本)
60点 水準作(71本)
55点以下 このサイトでは扱いません

個人の備忘録としての感想メモ&採点
オススメ度ではありません