soe006 ザ・プッピーニ・シスターズをまとめて聴く

ザ・プッピーニ・シスターズをまとめて聴く

January 25 2011

ボーカル・ア・ラ・カルト

昨年末、クリスマス・アルバムを買い漁っていたときに偶然発見、ぞっこん惚れ込んでしまったイギリスのポップス・コーラス・グループ、ザ・プッピーニ・シスターズ。
ネットで注文していたファースト・アルバムとセカンド・アルバムが届いたので、さっそくまとめて聴いてみました。

The Puppini Sisters:Betcha Bottom Dollar
logo

The Puppini Sisters:Betcha Bottom Dollar

Verve

01 Sisters
02 Mr. Sandman
03 Boogie Woogie Bugle Boy
04 Java Jive
05 Bei Mir Bist Du Schon
06 Wuthering Heights
07 Jeepers Creepers
08 I Will Survive
09 Tu Vuo Fa L'Americano
10 Heart Of Glass
11 Sway
12 Panic
13 Heebie Jeebies
14 In The Mood

The Puppini Sisters
Marcella Puppini (Voice、Accordion)
Kate Mullins (Voice、Melodica)
Stephanie O'Brien (Voice、Melodica)

Release Date: September 2006

アンドリュース・シスターズを21世紀に復活させた、レトロ感覚の女声コーラス3人組。鮮烈デビュー盤。
アンドリュース・シスターズの人気ナンバー「素敵なあなた」や「ブギ・ウギ・ビューグル・ボーイ」も収録。全曲3人娘のアレンジで、オリジナルとの聴き比べも愉しい、ゴキゲンな1枚。

葛飾北斎を現代のコンピュータ・テクノロジーでポップ・アート化した感じ? ちょっと違うか。
現代風だけど電気っぽさは感じられません。基本、アコースティック。
戦後のアメリカン・ポップス・ブームを体験された方(70歳以上)には歓迎されると思う。アンドリュース・シスターズなんて一度も聴いたことがないっていう平成世代にも受けるんじゃないかな。
最近ちょっとこれに類似するサウンドは見かけないです。
独特(ユニーク)なのに懐かしい。

事の始まりは、イタリア・ボローニャ出身のマルセラ・プッピーニが、2003年度アカデミー・長編アニメーション映画賞にノミネートされた『ベルヴィル・ランデヴー』を見たとき。劇中使用されていた40年代のレトロ・サウンドを耳にし、「こんなのをやりたいわ、これなら私も出来ますわよ!」と目を輝かせた。
さっそくイギリスの名門トリニティ音楽院のお友だちケイト・マリンズに声をかけたところ、彼女はステファニー・オブライエンを誘って、3人娘のコーラス・グループが誕生。

2006年リリースのデビュー・アルバムは、グループ結成のきっかけとなった映画『ベルヴィル・ランデヴー』の音楽を担当していたベノア・シャレがプロデュース。
テレビでも紹介され、たちまち人気沸騰、ロンドンのライヴ・ハウスは大入り満員。
2007年5月には全米ツアーも果たし、ビルボード・ヒットチャートのジャズ・アルバム部門で第2位を記録。

ということですが……
日本では国内盤も発売されておらず、ほとんど無名なのよ。
売り方が分かんねーんだろうな。
一度来日させて、「笑っていいとも」とかで紹介したら爆発するかも知れないよ。

The Puppini Sisters:Rise & Fall of Ruby Wo
logo

The Puppini Sisters:Rise & Fall of Ruby Wo

Verve

01 Spooky
02 Walk Like an Egyptian
03 Old Cape Cod
04 Soho Nights
05 I Can't Believe I'm Not a Millionaire
06 It Don't Mean a Thing
07 Could It Be Magic
08 Jilted
09 Crazy In Love
10 It's Not Over (Death Or the Toy Piano)
11 And She Sang
12 We Have All the Time In the World

The Puppini Sisters
Marcella Puppini (Voice、Accordion、Piano)
Kate Mullins (Voice、ToyPiano、Piano、Melodica)
Stephanie O'Brien (Voice、Violin、Triangle)

Release Date: October 2007

1940年代風の女性コーラスがゴキゲンなプッピーニ・シスターズの第2弾アルバム。今回はオリジナルを増量。1940年代風アレンジも3人娘が担当。それぞれアコーディオン、ピアノ、ヴァイオリンも演奏。
サッチモが歌っていた映画『女王陛下の007』挿入歌「愛はすべてを越えて」(12曲目)、エリントン・ナンバーの「スイングしなけりゃ意味ないね」(6曲目)が選曲されているのが嬉しい。

マルセラ・プッピーニはブルネット、セカンド・アルバムではアコーディオンを弾いています。ブロンドのケイト・マリンズはピアノ。赤毛のステファニー・オブライエンはヴァイオリン。三色アイスみたいで甘くて可愛い。
前作同様、全曲3人娘のアレンジです。

セカンド・アルバムは、彼女たちのオリジナルがちょっと多いめ。
個人的に、オリジナルは全体の3分の1程度に押さえて、アンドリュース・シスターズやボスウェル・シスターズ、キング・シスターズなどの懐メロをメインで演ってくれると嬉しいんですけどね。

最新作は年末にご紹介したクリスマス・アルバム。

クリスマス・ウィズ・ザ・プッピーニ・シスターズ
logo

クリスマス・ウィズ・ザ・プッピーニ・シスターズ

Christmas With The Puppini Sisters
Verve Music

01 Step Into Christmas
02 Santa Baby
03 Here Comes Santa Claus
04 Last Christmas
05 Let It Snow
06 White Christmas
07 All I Want For Christmas
08 Mele Kalikimaka
09 Winter Wonderland
10 O Holy Night

Release Date: Oct 5, 2010

いまのところ、この3枚だけなんだけど、だんぜん気に入っちゃった次第。

ボーカル・ア・ラ・カルト
ハリウッド:ザ・プッピーニ・シスターズ(2011年11月16日)
ナット・キング・コールをまとめて聴く(2)(2011年02月28日)
ナット・キング・コールをまとめて聴く(1)(2011年02月25日)
ザ・ベリー・ベスト・オブ・ナット・キング・コール(2011年02月20日)
キャロル・ウェルスマン:インクラインド(2011年02月08日)
ザ・プッピーニ・シスターズをまとめて聴く(2011年01月25日)

soe006 ジャズと映画と娯楽小説/アーカイブ

Copyright 2021 soe006.com All Rights Reserved.