トッツィー|映画スクラップブック


2022/05/26

トッツィー

トッツィー|soe006 映画スクラップブック
amazon

TOOTSIE
1982年(日本公開:1983年04月)
シドニー・ポラック ダスティン・ホフマン ジェシカ・ラング テリー・ガー ダブニー・コールマン チャールズ・ダーニング ビル・マーレイ ジョージ・ゲインズ ジーナ・デイヴィス ドリス・ベラック エレン・フォーリー リン・シグペン デブラ・ムーニー エステル・ゲティ クリスティーン・エバーソール

ニューヨークの売れない役者が女装して昼メロのオーディションを受ける。採用されるとでたらめなアドリブ芝居で人気を獲得。共演の子持ち女優を好きになるが彼女はハゲのディレクターと愛人関係。本人は彼女の父親にプロポーズされて、さらに共演しているベテラン男優もアパートに押しかけてのドタバタ。

見所はダスティン・ホフマンの女装ぶり。
デイヴ・グルーシンのBGMが軽快で、定番ストーリーの映画をテンポ良くしている。

トッツィー:ダスティン・ホフマン

恋愛のドタバタがメインとなる後半より、NYCの名もなき演劇人たちの生活が紹介される前半が良かった。芝居仲間の女優(テリー・ガー)や、共同生活している作家(ビル・マーレイ)との関係がうやむやなままになってしまったのが惜しい。

生放送中に正体を明かすクライマックスもあっさりしていて、ホフマンとジェシカ・ラングが和解するラストシーンもセオリーどおりで盛り上がらない。

求婚したジェシカの父親に指輪を返す酒場の場面のチャールズ・ダーニングが、抜群に上手かった。

トッツィー:チャールズ・ダーニング

芸能人エージェント役をシドニー・ポラックが演じている。

トッツィー:ダスティン・ホフマン&シドニー・ポラック

しかし、テレビドラマでも可能なこの題材をシネスコで撮る意味あるのか?
フレームの左右スカスカなのが気になってしようがなかった。

60

ツイートする facebookにシェア LINEで送る

映画採点基準

80点 オールタイムベストテン候補(2本)
75点 年間ベストワン候補(16本)
70点 年間ベストテン候補(76本)
65点 上出来・個人的嗜好(72本)
60点 水準作(71本)
55点以下 このサイトでは扱いません

個人の備忘録としての感想メモ&採点
オススメ度ではありません