ビバリーヒルズ・コップ|映画スクラップブック


2022/05/31

ビバリーヒルズ・コップ

ビバリーヒルズ・コップ|soe006 映画スクラップブック
amazon

BEVERLY HILLS COP
1984年(日本公開:1985年04月)
マーティン・ブレスト エディ・マーフィ リサ・アイルバッハー ジャッジ・ラインホルド ジョン・アシュトン ロニー・コックス スティーヴン・バーコフ ジェームズ・ルッソ ジョナサン・バンクス スティーヴン・エリオット ポール・ライザー ブロンソン・ピンチョット ギルバート・R・ヒル デイモン・ウェイアンズ

ヒットメイカー、ドン・シンプソン&ジェリー・ブラッカイマー製作。
軽快ポップスをBGMに饒舌黒人刑事エディ・マーフィが軽妙洒脱に大活躍。単純明快なストーリーがサクサクとコミカルにテンポ良く、堅物白人刑事たちとの友情で締めるエンディングも後味スッキリの爽快アクション篇。

ビバリーヒルズ・コップ

労働者の街デトロイトの犯罪を扱う刑事と、金持ちの生命財産を守るために働くビバリーヒルズ警察の対比が上手い。黒人と白人の対立(「夜の大捜査線」)ではなく、貧富格差で対比させたところがスマート。センスが良い。

ビバリーヒルズ・コップ

クライマックスの銃撃戦を明るい昼間にしたのが良かった。
暗い画面のアクションは好きじゃないし、笑いが多いこの映画にマッチしない。壁を乗り越えようとする白人刑事コンビのドタバタも、敵の自動小銃の弾が(奇跡的に)刑事たちに当たらない偶然も、夜間撮影だと笑いになりにくい。
陽光に照らされてこそのビバリーヒルズ。悪事は夜に、善行は昼に。

あとDVDの音声解説でも監督が語っていたが、倉庫にダークスーツの男たちが集まっていたら、そいつらは悪党だ。
それを逆手に取って観客を騙したのが「スティング」のFBI。

エディ・マーフィにアテ書きされたようなシナリオだが、音声解説によるとクランクインの1ヶ月前まではシルベスター・スタローン主演で準備されていたとのこと。
スライが降板したので急遽エディ・マーフィに合わせて脚本を直したそうだが、結果としてエディの代表作になってしまった。
スタローン版の脚本はスタローンが持ち帰り、ポーラ・ゴズリング原作「逃げるアヒル」に主人公のキャラクターを移植。メナハム・ゴーラン&ヨーラン・グローブスのキャノンが「コブラ」のタイトルで製作するも、興行振るわずハズレな結果に。「ランボー 怒りの脱出」「ロッキー4/炎の友情」でマネーメイキング・スターのトップを走っていたスライは、このあと急速に凋落してゆく。皮肉なものです。

ビバリーヒルズ・コップ

ちなみに製作者ジェリー・ブラッカイマーの出身地はミシガン州デトロイト。

65

ツイートする facebookにシェア LINEで送る

映画採点基準

80点 オールタイムベストテン候補(2本)
75点 年間ベストワン候補(16本)
70点 年間ベストテン候補(76本)
65点 上出来・個人的嗜好(72本)
60点 水準作(71本)
55点以下 このサイトでは扱いません

個人の備忘録としての感想メモ&採点
オススメ度ではありません