恋のためらい フランキーとジョニー|映画スクラップブック


2022/02/14

恋のためらい フランキーとジョニー

恋のためらい フランキーとジョニー|soe006 映画スクラップブック
amazon

FRANKIE AND JOHNNY
1991年(日本公開:1992年01月)
ゲイリー・マーシャル アル・パチーノ ミシェル・ファイファー ヘクター・エリゾンド ネイサン・レイン ケイト・ネリガン ジェーン・モリス グレッグ・ルイス K・カラン ティム・ホッパー

刑期を終えて出所したばかりのジョニー(アル・パチーノ)は、ニューヨークの大衆食堂でコックの職を得て働き始める。同じ職場でウェイトレスをやっているフランキー(ミシェル・ファイファー)を口説くが、彼女は過去を隠し、頑なに心を開こうとしない。

恋のためらい フランキーとジョニー

おっさんとおばさんの下町人情ロマンス。

都会生活の臭いがする前半がいい。東京で独り暮らししていた頃を思い出す。

恋のためらい フランキーとジョニー

ジョニーは「ロミオとジュリエット」を持ち歩いている。
中古ビデオデッキも買えない貧乏人にとって、読書はいちばんリーズナブルな娯楽だ。

恋のためらい フランキーとジョニー

低所得者の普段着(衣装:ロザンナ・ノートン)に現実感があっていい。
ミシェル・ファイファーも前半のすっぴんに魅力がある。
後半はふたりの過去語りがもたつくものの、ドビュッシー「月の光」で一気に逆転。
フッ素入り歯磨きで爽やかなラストをむかえる。

食堂の店長役は、ゲイリー・マーシャルの常連俳優ヘクター・エリゾンド。

シナリオがハリウッドに売れたと狂喜する同僚のコック(グレン・プラマー)に幸あれ!

65

ツイートする facebookにシェア LINEで送る

映画採点基準

80点 オールタイムベストテン候補(2本)
75点 年間ベストワン候補(16本)
70点 年間ベストテン候補(76本)
65点 上出来・個人的嗜好(72本)
60点 水準作(71本)
55点以下 このサイトでは扱いません

個人の備忘録としての感想メモ&採点
オススメ度ではありません