迷い婚-すべての迷える女性たちへ|映画スクラップブック


2022/02/19

迷い婚-すべての迷える女性たちへ

迷い婚-すべての迷える女性たちへ|soe006 映画スクラップブック
amazon

RUMOR HAS IT...
2005年(日本公開:2005年05月)
ロブ・ライナー ジェニファー・アニストン ケヴィン・コスナー シャーリー・マクレーン マーク・ラファロ リチャード・ジェンキンス ミーナ・スヴァーリ クリストファー・マクドナルド マイク・ヴォーゲル ジェニファー・テイラー キャシー・ベイツ

マイク・ニコルズ「卒業」が実話を基にした小説の映画化だったという設定の恋愛コメディ。ミセス・ロビンソンのモデルとなった女性(主人公の祖母)をシャーリー・マクレーン、ベンジャミンのモデルとなった男の役をケヴィン・コスナーが演じている。

迷い婚

マーク・ラファロと婚約中のジェニファー・アニストンは、妹ミーナ・スヴァーリの結婚式で耳にした噂話からマリッジブルーに陥る。自分の出生の秘密を探るため、結婚前の母親と関係し祖母(シャーリー・マクレーン)とも関係していた映画「卒業」の原作モデルとなった男(ケヴィン・コスナー)に会いに行き、本人も関係したあとで婚約者とちゃっかり結婚式を挙げる。

自分が幸せになれるのならモラルなんか、クソ喰らえってことだろう。

ジェニファー・アニストンが可愛くない。
自己中心的で魅力に乏しい主人公に共感が得られない。尻軽バカ女のマリッジブルーに興味ないし、どうでもいい。シャーリー・マクレーンが出てなきゃ見ていない。

迷い婚

ロブ・ライナーだから、いつものように往年のポピュラーソングがBGMが使われている。サイモン&ガーファンクルの「ミセス・ロビンソン」も流れる。リチャード・ドレイファスがちょい役で映画デビューしていたとか、映画の豆知識も入っている。

製作総指揮にジョージ・クルーニーやスティーヴン・ソダーバーグの名が並んでいるのが不可解。ハリウッド映画人脈は誰がどう繋がっているのか分からない。

邦題がめちゃくそダサい。

55

ツイートする facebookにシェア LINEで送る

映画採点基準

80点 オールタイムベストテン候補(2本)
75点 年間ベストワン候補(16本)
70点 年間ベストテン候補(76本)
65点 上出来・個人的嗜好(72本)
60点 水準作(71本)
55点以下 このサイトでは扱いません

個人の備忘録としての感想メモ&採点
オススメ度ではありません