soe006 バーナード・ハーマン没後30周年

バーナード・ハーマン没後30周年

March 22, 2006

ところで、こんな場所でなんですが……

FUNAさん、
「ひねもすサウンドトラック」開設7周年 おめでとうございます。

ひねもすさんのトップページに、『タクシー・ドライバー』サントラ盤のアマゾン・リンクがあったので、ちょいとクリックしてみて、驚いた。

な、な、な、なんと……
俺様がカスタマーレビューを書いておるではないか!
完全に忘れてた。
ひところ、アマゾンのギフト券欲しさに、バカみたいに書いていたんですね。
結局、1度も当たらないので、やめちゃいましたが。

天才(バーナード・ハーマン)の偉業を讃え、ここに転載。

バーナード・ハーマン「タクシー・ドライバー」
amazon

バーナード・ハーマン「タクシー・ドライバー」
Original Soundtrack Recording

(Arista)

Dedicated to the memory of
BERNARD HERRMANN
June 30, 1911 - December 24, 1975

映画音楽愛好家からは絶大な支持を得ているにもかかわらず、一般受けする作品がなかったバーナード・ハーマンの、最大のヒット作にして遺作。
これまで流通していたサウンドトラック盤は、デイヴ・ブルームによってアレンジされた再演奏盤でしたが、この度新たに編纂されたこのCDでは、正真正銘、映画で使用されたハーマンのサウンドトラック演奏(トラック1〜11)をたっぷり堪能することができます。虚飾に満ちた退廃の街ニューヨークがトム・スコットの甘ったるいサックスによって描かれ、夜の街を走る孤独なタクシー・ドライバーの内面に棲む怪物性が、ハーマン独特の重厚なオーケストレイションで表現されています。
1970年代を代表する映画音楽の金字塔です。
また、既発アルバムにあったデイヴ・ブルーム編曲のポップ化されたナンバーや、レコード用に編集されたロバート・デニーロのセリフ(Diary of a Taxi Driver)も併せて収録されており、『タクシー・ドライバー』の集大成、決定盤となっています。

今年はモーツァルト生誕250周年であるとともに、バーナード・ハーマン没後30周年でもあります。

Amazon.co.jp アソシエイト リンク
バーナード・ハーマンの音楽CD(クラシック扱い)
バーナード・ハーマンの音楽CD(ポピュラー扱い)
バーナード・ハーマン関連書籍(洋書)
映画音楽の本
映画音楽の楽譜・スコア
クラシックな映画音楽
ジョン・バリー(2011年02月02日)
バーナード・ハーマン:Decca フェイズ4 レコーディング(2010年12月17日)
チャールズ・ゲルハルト:RCA The Classic Film Scores(2010年12月15日)
失はれた地平線:ディミトリ・ティオムキン作品集(2010年12月13日)
バーナード・ハーマン没後30周年(2006年03月22日)
ディミトリ・ティオムキン 「赤い河」(2005年07月01日)
アルフレッド・ニューマン(2004年09月14日)

soe006 ジャズと映画と娯楽小説/アーカイブ

Copyright 2022 soe006.com All Rights Reserved.