ラウンド・アバウト・ミッドナイト:マイルス・デイビス

ラウンド・アバウト・ミッドナイト:マイルス・デイビス・クインテット

January 22 2011

モダンジャズ不朽の名盤25選

季節は冬。
時刻は午後11時を過ぎたころ。
場所は神保町交差点からJR御茶ノ水駅まで続く明大通り。
深夜の坂道を独りで歩いていると、いつもこの音楽が脳裏に流れていた。

マイルスの「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」。

あれから20年を経た現在でも、この曲を耳にすると、神保町の純喫茶「響」で戯れていたあのころの仲間たちの顔が、懐かしくよみがえる。

Round About Midnight:Miles Davis Quintet
logo

Round About Midnight:Miles Davis Quintet

CBS Columbia

01 'Round Midnight
02 Ah-Leu-Cha
03 All Of You
04 Bye Bye Blackbird
05 Tadd's Delight
06 Dear Old Stockholm

マイルス・デイビス(tp)
ジョン・コルトレーン(ts)
レッド・ガーランド(p)
ポール・チェンバース(b)
フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)

1955年10月27日(03)、1956年6月5日(04、05、06)
1956年9月10日(01、03)録音

「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」に特別な思い出があるわけではないけれど、なぜかこの曲は神保町の「響」が重なりあう。
「響」にあったセロニアス・モンクのレコードには、彼が来店したときに残した直筆のサインがあった。

神保町の店をたたんでからも、場所を茅ヶ崎鵠沼海岸に移し、世界一小さなジャズ喫茶を標榜していた「響庵」だったのだが。
それも昨年、ついに……

そんな超個人的な感傷とは関係なく、マイルスのこのアルバムは名盤です。
1955〜56年に録音されたマイルス・クインテットのレコードは、プレステッジの『クッキン』、『リラクシン』、『ワーキン』、『スティーミン』(2日間で24曲すべてワンテイクで録音したマラソン・セッション)も出来が良く、「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」、「イフ・アイ・ワー・ベル」「イット・エンタード・マイ・マインド」、「飾りのついた四輪馬車」と、それぞれアルバムの最初に置かれた歌ものナンバーが絶品。
モダンジャズ期のマイルスが好きなら、この5枚のアルバムは必携。

CBS移籍を決めたマイルスが、プレスティッジとの契約終了をまたずに録音したマイルス・クインテットの逸品。このメンバーでの録音はこれで最後となる。繊細なマイルスのミュートと、ホットなコルトレーンのテナーの対比が絶妙。
「ラウンド・ミッドナイト」、「オール・オブ・ユー」、「懐かしのストックホルム」は、このアルバムで聞ける演奏がベスト。

神保町「響」でリクエストが多かったのも、この時期のクインテットによるレコードで、あとは『マイルス・イン・ベルリン』とか『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』、『フォア・アンド・モア』のライヴ盤。
モダンジャズの店だから当たり前だけど、『ビッチェズ・ブリュー』以降のマイルスがかかるのは、新譜が出たときくらい。
おれの記憶はずいぶんいい加減だけど、「響」で『ビッチェズ・ブリュー』を聴いたことは一度もない。

神保町の純喫茶「響」は、50年代モダンジャズがよく似合うジャズ喫茶だった。

マイルス・デイビス Miles Davis

1926年5月26日イリノイ州アルトン生まれ。翌年、イーストセントルイスに転居。父親は裕福な歯科医。
13歳からトランペットをはじめ、ハイスクール時代に自己のバンドを結成。41年にランディ・ランドルフのバンドに加わり、ツアー中のチャーリー・パーカーとも共演。1944年7月ディジー・ガレスピーの推薦でビリー・エクスタイン楽団に迎えられた。
1945年、チャーリー・パーカーを慕って19歳でニューヨークに進出。ジュリアード音楽院に学ぶ(中退)。麻薬で困窮していたチャーリー・パーカーと同居し、52丁目でビ・バップの巨人たちとジャム・セッション。45年11月サヴォイ・セッションで初のレコーディング。
1948年、初めてのリーダー・セッションを録音。
1949年、リー・コニッツ、ジェリー・マリガン、ジョン・ルイス、ギル・エヴァンスらと9重奏団を結成、「ロイヤル・ルースト」にて2週間公演。翌49年、キャピトルにおいて『クールの誕生』を録音。
一時期、麻薬により不調、1954年に復帰。ハードバップ時代の幕開けを飾る『ウォーキン』をプレステッジに録音。
1955年、ジョン・コルトレーン(ts)、レッド・ガーランド(p)、ポール・チェンバース(b)、フュリー・ジョー・ジョーンズ(ds)による伝説のクインテットを結成。CBSに移籍し、名盤『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』、プレステッジ4部作を録音。
1957年、パリへ渡り、バルネ・ウィランら現地のジャズメンと映画『死刑台のエレベーター』のためのサウンドトラックを即興演奏で録音。
レギュラー・メンバーにキャノンボール・アダレイ(as)、ビル・エヴァンス(p)を加え、モード奏法によるアドリブを完成。1959年『カインド・オブ・ブルー』を録音。
1960年にコルトレーンが脱退。流動的なメンバーでライヴ・レコーディング中心に活動。
1964年7月、ハービー・ハンコック(p)、ロン・カーター(b)、トニー・ウィリアムス(ds)を従えて初来日。同年秋にはウェイン・ショーター(ts)を加え、黄金のクインテットを結成。
1969年、ファンクなリズムとエレクトロニクス・サウンドを大胆に導入した異色作『ビッチェズ・ブリュー』を発表。1970年代ジャズ・シーンに多大の影響を与える。
1975年に体調を崩し演奏活動を中断。
1983年3月に復帰。同年9月、新宿と大阪で来日コンサート。
ブルース、ロック、ヒップホップなど時代のサウンドを積極的に取り入れ、伝統的なジャズの演奏を超越した独自の「マイルス・サウンド」を追求し続けた。
1991年9月28日 、肺炎のため死去。享年65歳。

モダンジャズ不朽の名盤25選
直立猿人:チャールス・ミンガス(2011年11月11日)
ザ・ユニーク:セロニアス・モンク(2011年02月06日)
ラウンド・アバウト・ミッドナイト:マイルス・デイビス(2011年01月22日)
サキソフォン・コロッサス:ソニー・ロリンズ(2011年01月18日)
スタディ・イン・ブラウン:ブラウン=ローチ・クインテット(2011年01月04日)
チェット・ベイカー・シングス(2011年01月03日)
スタン・ゲッツ・プレイズ(2010年12月30日)
アメイジング・バド・パウエル Vol.1(2010年12月29日)
RECENT ADDITIONAL WebSITE
超個人的サガン鳥栖応援サイト (2016年11月03日)
映画音楽名曲座 (2012年02月23日)
ジャズ倶楽部 (2010年03月10日)
クラシック名曲名盤ベスト3 (2010年02月25日)
こまくら テレビCMで聴いたクラシック (2010年02月25日)

soe006 ジャズと映画と娯楽小説/超個人的趣味のウェブサイト

パンゲアパンゲア
マイルス・デイビス

SMJ
¥ 2,134
在庫あり。
logo
My Funny ValentineMy Funny Valentine
Miles Davis

Sbme Special Mkts.
¥ 972
在庫あり。
logo
BITCHES BREWBITCHES BREW
MILES DAVIS

COLUM
¥ 1,502
通常1〜4か月以内に発送
logo
アガルタアガルタ
マイルス・デイビス

SMJ
¥ 2,146
在庫あり。
logo
原料の「モルト(麦芽)」を、1つの蒸溜所で蒸溜した原酒だけを用いたシングルモルトウイスキー特集。蒸留所がある気候や風土などが反映された味わいが人気です

information

サイトの一部にFlash及びWindows Media Audio等のアクティブ・コンテンツを掲載しているページがあります。閲覧・視聴できない場合は、下記のロゴより無料ダウンロードページにジャンプして、最新版のプラグインをインストールして下さい。

Get ADOBE FLASH PLAYER Windows Media Player 無料ダウンロード

オンライン通販アマゾン・アソシエイトプログラムに参加しています。
書籍・DVD・CD等の購入にご利用ください。
国内配送料がすべて無料になりました。
支払いはクレジットカード、コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払い、代金引換が便利です。

Amazon.co.jp

動作確認:
Display:1280x1024px Color:32bit
Mozilla 5.0 Gecko Firefox 3.0
Microsoft Windows Internet Explorer 8.0
Safari 5.0 for Windows
Google Chrome 4.0
Firefox 無料ダウンロード Mozilla Firefox を推奨

サイトのリンクはご自由に。リンクの際の連絡は不要です。 但し、トップページ以外のアドレスは頻繁に変わります。ご了承ください。

ジャズと映画と娯楽小説

Copyright 2017 soe006.com All Rights Reserved.  E-mail; soe006@hotmail.com