ザ・ユニーク:セロニアス・モンク

ザ・ユニーク:セロニアス・モンク

February 06 2011

モダンジャズ不朽の名盤25選

セロニアス・モンクを「ミュージシャンズ・ミュージシャン」と称して、一般ファンには不要のジャズメンのように言う人がいたけど、私はモンクの音楽を難解と感じたことは一度もない。こんなに分かりやすい、それでいて親しみやすいジャズは滅多にお目にかかれないくらいに思っている。

名盤ガイド等で必ずとりあげられる『ブリリアント・コーナーズ』と、どっちにしようかと迷ったけど、結局、普段よく聴いている『ザ・ユニーク』を選んだ。
ホーンが加わったジャム・セッション的な演奏やピアノ・ソロよりも、トリオ編成の演奏のほうが取っつき易いし、「ライザ」、「メモリーズ・オブ・ユー」、「ハニーサックル・ローズ」、「二人でお茶を」など、ジャズ・ファンなら誰でも一度は耳にしたことのあるポピュラー・スタンダードばかりが収録されている。これらの曲を、他者の演奏盤と聴き比べることで、モンクのユニークなユーモアが 100パーセント愉しめるはずだ。
モンクの真髄は作曲にある、というご意見には素直に頷くが、オリジナルに触れるのはこのディスクのあとでも遅くはないと思っている。

The Unique Thelonious Monk
logo

The Unique Thelonious Monk

Riverside

1. Liza (All The Clouds'll Roll Away)
2. Memories Of You
3. Honeysuckle Rose
4. Darn That Dream
5. Tea For Two
6. You Are Too Beautiful
7. Just You, Just Me

セロニアス・モンク(p)
オスカー・ペティフォード(b)
アート・ブレイキー(ds)

1956年3月17日、4月3日録音

モンクのピアノを難解という人もいるが、とんでもない。
見当違いもいいところ。
モンクの演奏は、コード(和音)の捉え方が他のピアニストには見られないヘンテコリンなところがあって、ちょっと不思議(ユニーク)な響きになる。それとアクセントが妙にずれたりして、奇妙(ユニーク)な音の流れを作る。

それだけのこと。

もっとズレた人は、モンクのピアノはヘタウマなどと言う。
モンクは、ちゃんと分かっててやってるのだ。
アポロ・シアターのピアノ・コンクールで、常連優勝者だったこともあった。『ミントンズ・プレイハウス』(Everest/1941年)のころのモンクは、テディ・ウィルソンみたいなスイング系の演奏で普通に弾いている。毒にも薬にもならぬ、屁みたいなピアノだ。
モンクのスタイルが現れるのは、1947年のブルーノート・セッションごろから。
1964-65年の『ソロ・ピアノ』(Columbia)では、ハーレム・スタイルのトラディショナルなストライド・ピアノを弾いている。
狙いどおりのプレイが出来ているのだから、ヘタではない。

モンクはちゃんと分かって、意識的にズレた感覚を楽しんでる。
八木正生氏によると、「いくつかの音を一緒に押さえて手をはなす時、ひとつの音だけを残すやり方がミストーンのようにきこえる」とのこと。

これがモンクの面白さ。
クセになるとやめられない。

『ザ・ユニーク』はリバーサイド移籍後の2作目。
第1弾はエリントン・ナンバーを収録した『セロニアス・モンク・プレイズ・デューク・エリントン』(1955年)だった。
どちらもピアノ・トリオ編成で、オリジナル曲はひとつも入っていない。
モンクが他人の曲ばかりを演奏しているディスクはこの2枚だけ。

モンクのピアノ・スタイルは、バド・パウエル系のモダンジャズ主流とは違うところにあって、他に類似するジャズ・ピアニストは存在しない。
ダラー・ブランドとかマル・ウォルドロンに似たようなタッチが見られるけど、やっぱり根本的なところでぜんぜん違う。

それがセロニアス・モンクのユニーク(個性)であるのだけど、エリントンのピアノにはちょっと似てる。
というか、兄弟のようによく似ている。

1980年ごろ、東芝EMIがエリントンのピアノ・トリオ演奏(キャピトル音源)を日本で編纂したLPを出した。
廉価盤だったので買って聴いたら、まるでモンクのようなピアノ・スタイルなので驚いた。これは主客転倒で、ビリー・ホリデイのあとでベッシー・スミスを聴いたような驚きだろうけど。
エリントンのピアノ・トリオ演奏では『マネー・ジャングル』(UA)が有名だけど、超弩級オールスター・トリオのゴリゴリした演奏。
キャピトル盤はこれとはぜんぜん違う。
まるでモンクのようなピアノだったので驚いてしまった。キャピトル時代のエリントン録音をまとめたボックスに収録されていると思うので、興味ある方は、『プレイズ・デューク・エリントン』とあわせて聴いてみてください。

この時代のピアニストには珍しく、モンクのトリオ・アルバムは、『プレイズ・デューク・エリントン』と『ザ・ユニーク』の他には、『セロニアス・モンク・トリオ』(Prestige/1952-54年)と『ロンドン・セッション』(BlackLion/1971年)しかない。
晩年のブラック・ライオン盤はさておき、「ベムシャ・スイング」、「モンクス・ドリーム」などモンクのオリジナル曲を収録したプレスティッジの『モンク・トリオ』は必聴盤だ。スタンダード曲の「スウィート・アンド・ラブリー」と「ジーズ・フーリッシュ・シングス」は、『ザ・ユニーク』同様ここでも独特(ユニーク)なモンク・スタイルを際立たせている名演。

トリオ・アルバムと並行して聴きたいのは、『セロニアス・モンク・ヒムセルフ』(Riverside/1957年)と『ソロ・モンク』(Columbia/1964-65年)の2枚のソロ・ピアノ盤。静と動、モンクの2つの内面に触れられる。
ロリンズやコルトレーンとの共演盤、チャーリー・ラウズとのレギュラー・カルテット盤は、トリオとソロ・アルバムのあとでいい。

モンクの音楽を難解だとか、評論家やミュージシャン御用達と言ってしまうのは、聴く順番をまちがった不幸な人の屁理屈だと思う。

セロニアス・モンク Thelonious Monk

1917年10月10日、ノースカロライナ州ロッキーマウントに生まれたが、4歳のとき、家族とともにニューヨークに移る。
姉の影響で5歳からピアノを弾きはじめ、11歳から正式な音楽教育を受ける。14歳でアポロ劇場のアマチュア・コンテストに出場し優勝。黒人学生が少ないピーター・スタイブサント高校に進学し、17歳で福音伝道楽隊に入り全米を楽旅。
1940年、ビ・バップ発祥の地とされているハーレムの「ミントンズ・プレイハウス」のピアニストに雇われ、ディジー・ガレスピー、チャーリー・パーカーらと共演。
1944年にはコールマン・ホーキンス・カルテットで演奏。

ブルーノート・レーベルのオーナー、アルフレッド・ライオンに認められ、1947年10月から1952年5月にかけて、6回のセッションをレコーディング。ケニー・ドーハム、ルー・ドナルドソン、ミルト・ジャクソン、アート・ブレイキー、マックス・ローチらと、「ルビー・マイ・ディア」、「ラウンド・ミッドナイト」、「ストレイト・ノー・チェイサー」、「セロニアス」、「エピストロフィー」「イン・ウォークト・バド」、「ウィル・ユー・ニードント」、「ミステリオーソ」など、モンクの代表的オリジナル曲を演奏録音。

1951年、麻薬の不法所持を理由に逮捕され、60日間の刑務所生活をおくる。モンクには麻薬癖はなく、友人バド・パウエルを庇ったための不当逮捕、冤罪だったとの説が強い。この事件によってモンクは、劇場・飲食店での営業演奏を許可するキャバレー・カードを没収されてしまう。
不遇の時代、彼の生活を支えたのは、1947年に結婚したネリーだった。

1952年、新興レーベルのプレスティッジと契約。
アート・ブレイキー、マックス・ローチ、ソニー・ロリンズ、マイルス・デイビス、ミルト・ジャクソンらと共演し録音を残す。

クラブでの演奏を停止されていたモンクは、1954年6月、フランスのジャズ・フェスティバルに招聘され、ロスチャイルド財閥のパノニカ・ケーニングスウォーター男爵夫人と知り合う。ニカ夫人はモンクのパトロンとして、金銭的、精神的に彼を支援。モンクは彼女に捧げて「パノニカ」を作曲した。
このときの公演をフランスのヴォーグ・レーベルが録音(『ソロ・オン・ヴォーグ』)。これを聴いたリバーサイドのオリン・キープニュースはモンクと契約し、2枚のピアノ・トリオ・アルバムを録音(『プレイズ・エリントン』と『ザ・ユニーク』)。
1956年12月にソニー・ロリンズらと録音した『ブリリアント・コーナーズ』が評判となり、1957年にはジョン・コルトレーンを加えたカルテットでクラブ「ファイブ・スポット」に6ヶ月の長期公演。リバーサイド・レーベルに数々の代表作を録音。

1959年よりテナー・サックスのチャーリー・ラウズをレギュラー・メンバーに加え、1962年、CBSコロムビアに移籍。1963年5月に初来日。
CBSコロムビアでは、レギュラー・カルテットでの演奏のほか、ピアノ・ソロ、オーケストラなど多彩なアルバムを発表。
1970年ごろから体調を崩し、1971年の「ジャイアンツ・オブ・ジャズ」世界ツアーには参加したが、1975年のニューポート・ジャズ祭、1976年のカーネギーホール・コンサート出演を最後に隠遁生活にはいる。ほとんど外出もせず、余生をネリー夫人と共に過ごす。

1982年2月17日、脳梗塞で死去。
遺体はニューヨーク州ハーツデイルのファーンクリフ墓地に埋葬された。

モダンジャズ不朽の名盤25選
直立猿人:チャールス・ミンガス(2011年11月11日)
ザ・ユニーク:セロニアス・モンク(2011年02月06日)
ラウンド・アバウト・ミッドナイト:マイルス・デイビス(2011年01月22日)
サキソフォン・コロッサス:ソニー・ロリンズ(2011年01月18日)
スタディ・イン・ブラウン:ブラウン=ローチ・クインテット(2011年01月04日)
チェット・ベイカー・シングス(2011年01月03日)
スタン・ゲッツ・プレイズ(2010年12月30日)
アメイジング・バド・パウエル Vol.1(2010年12月29日)
RECENT ADDITIONAL WebSITE
超個人的サガン鳥栖応援サイト (2016年11月03日)
映画音楽名曲座 (2012年02月23日)
ジャズ倶楽部 (2010年03月10日)
クラシック名曲名盤ベスト3 (2010年02月25日)
こまくら テレビCMで聴いたクラシック (2010年02月25日)

soe006 ジャズと映画と娯楽小説/超個人的趣味のウェブサイト

MONK, THELONIOUSMONK, THELONIOUS
THELONIOUS MONK

LES LIAISONS DANGEREUS
¥ 3,226
在庫あり。
logo
The Complete Albums CollectionThe Complete Albums Collection
Thelonious Monk

Enlightenment
¥ 2,415
通常1〜2か月以内に発送
logo
Solo MonkSolo Monk
Thelonious Monk

Sbme Special Mkts.
¥ 1,556
通常1〜3か月以内に発送
logo
5 By Monk By 55 By Monk By 5
Thelonious Monk

Ojc
¥ 1,899
在庫あり。
logo
MisteriosoMisterioso
Thelonious Monk

Ojc
¥ 942
通常1〜2か月以内に発送
logo
Brilliant CornersBrilliant Corners
Thelonious Monk

Riverside
¥ 1,593
通常7〜11日以内に発送
logo
メンズブーツ:チャッカ エンジニア

information

サイトの一部にFlash及びWindows Media Audio等のアクティブ・コンテンツを掲載しているページがあります。閲覧・視聴できない場合は、下記のロゴより無料ダウンロードページにジャンプして、最新版のプラグインをインストールして下さい。

Get ADOBE FLASH PLAYER Windows Media Player 無料ダウンロード

オンライン通販アマゾン・アソシエイトプログラムに参加しています。
書籍・DVD・CD等の購入にご利用ください。
国内配送料がすべて無料になりました。
支払いはクレジットカード、コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払い、代金引換が便利です。

Amazon.co.jp

動作確認:
Display:1280x1024px Color:32bit
Mozilla 5.0 Gecko Firefox 3.0
Microsoft Windows Internet Explorer 8.0
Safari 5.0 for Windows
Google Chrome 4.0
Firefox 無料ダウンロード Mozilla Firefox を推奨

サイトのリンクはご自由に。リンクの際の連絡は不要です。 但し、トップページ以外のアドレスは頻繁に変わります。ご了承ください。

ジャズと映画と娯楽小説

Copyright 2017 soe006.com All Rights Reserved.  E-mail; soe006@hotmail.com