soe006 「のだめカンタービレ」:序章 PART II

この日記のようなものは、すべてフィクションです。
登場する人物、団体、裏の組織等はすべて架空のものです。ご了承ください。

「のだめカンタービレ」についての覚え書き:序章 PART II

April 12, 2007

「のだめカンタービレ」がブームになっているのは、知っていました。

夏のあいだアマゾンの売上げ上位を独占していた「涼宮ハルヒの憂鬱」が、9月に入った途端、「のだめカンタービレ」一色に塗り替えられていましたし、ガーシュウィンや「ラプソディー・イン・ブルー」を紹介している当サイトのページが、俄然ヒットするようになりましたから。

twelve storys ジョージ・ガーシュウィン
名曲名盤ベスト3 ラプソディー・イン・ブルー

しかし、それまで音楽とは無縁だった小学5年生の半分サル小僧が、ベートーヴェンの「交響曲第7番」を口ずさみ指揮振りするまでの影響力があろうとは……フジ月9、侮り難し!

それで、私もドラマを見てみたのですが……
理屈抜きに面白い。

あまりにも面白かったので、シリーズをイッキに見終わったあと、連続でリピートしてしまい……ついでに、同じ制作チームの前作「電車男」まで見てしまいました。

電車男 DVD-BOX
amazon

電車男 DVD-BOX

ポニーキャニオン 企画:鈴木吉弘
プロデューサー:若松央樹、川西琢(大映テレビ)
脚本:武藤将吾 演出:武内英樹、西浦正記
出演:伊東美咲、伊藤淳史、白石美帆、須藤理彩、佐藤江梨子、豊原功補、秋吉久美子、他

「電車男」は、今ひとつこなれていないというか、演出に迷っているところが散見して、「のだめ」ほど面白くありません。
ヒロイン(エルメス)の人物設定があまりにも浮世離れしているし、現役2ちゃんねらーの私には、エキセントリック戯画化されたネット住民たちの生態が、(美化され過ぎて)身もだえするほど恥ずかしく感じられました。
原作の「電車男」の元ネタとなった、匿名掲示板「2ちゃんねる」の毒男スレ自体、新潮社とタイアップした疑似イベントだったという(かなり有力な)説もありますし……

電車男 (文庫)
amazon

電車男 (文庫)
中野 独人

新潮文庫

それでもテレビ版「電車男」は、グダグダな映画版よりは上出来。
オリジナル・アニメ(と、そのキャラクター・フィギュア)を創作したり、拡大解釈された遊びの部分でアクセントをつけるサービス精神は、見習うべきものが多々あります。
後半、スケールが大きくなってゆく過程もスリリングで、全5回くらいの長さでやっていれば、かなり面白く出来たと思います。

「のだめカンタービレ」も、前作「電車男」と同じ路線上に制作されていると思いますが、こちらは現在も連載中の少女漫画(今回はコミック第1巻〜第9巻までの日本編)を11回シリーズでドラマ化。
漫画にはほとんど縁がないので読んでませんけど、2ちゃんねるの「のだめ」関連スレッドによると、かなり原作に忠実に構成されているようです。
そのぶん、設定やストーリーに「なんじゃこりゃあ!」な部分が散見するのですが、それは後回しに……

超個人的に私がこのドラマにハマってしまった理由は、音楽でした。

「のだめカンタービレ」では、3つのタイプの音楽が使用されています。
一つは、登場人物たちがドラマの中で実際に演奏する楽曲。
音大ピアノ科の学生の千秋真一(主人公)が、マンションの隣人で後輩の野田恵(のだめ)と一緒に練習するモーツァルトの「2台ピアノのためのソナタ」や、学校の定期公演で演奏するベートーヴェンの「交響曲第7番」など。
もう一つは、ドラマの背景にBGMとして流れる、いわいる劇伴音楽。
これは、音楽担当の服部隆之によるオリジナル曲と、既成のクラシック音楽の2種類が使われています。
これら3つのタイプの音楽が、ドラマ全編にびっしり付けられていて、音楽好きには堪らないんです。
服部隆之のオリジナルは、曲自体は可もなく不可もなく、この作曲家らしい楽曲を提供。他の既成曲の中にすんなり溶け込んでいて違和感がないところが見事でした。
次回以降、ストーリー展開に絡めつつ、流用された既成クラシック音楽について詳細に書いてゆく予定です。

Amazon.co.jp アソシエイト リンク
のだめカンタービレ
クラシック・ミュージック関連書籍/クラシック入門・名盤ガイド
クラシック・ミュージック関連書籍/ 楽譜
CD クラシック・ストア
電車男
「のだめカンタービレ」 関連ページ
のだめカンタービレSP 使用曲推薦盤(6)(2008年01月20日)
のだめカンタービレSP 使用曲推薦盤(5)(2008年01月15日)
のだめカンタービレSP 使用曲推薦盤(4)(2008年01月12日)
のだめカンタービレSP 使用曲推薦盤(3)(2008年01月09日)
のだめカンタービレSP 使用曲推薦盤(2)(2008年01月07日)
のだめカンタービレSP 使用曲推薦盤(1)(2008年01月06日)
「のだめカンタービレ」 新春スペシャル(2008年01月05日)
和製ビッグバンド? 「ラプソディー・イン・ブルー」(2007年09月30日)
クラシック de 枕草子(春):サン=サーンス(2007年08月27日)
ベートーヴェンのピアノソナタ(2007年04月23日)
メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」(2007年04月21日)
ドヴォルザーク:チェコ組曲(2007年04月17日)
「のだめカンタービレ」:序章 PART III(2007年04月15日)
「のだめカンタービレ」:序章 PART II(2007年04月12日)
「のだめカンタービレ」:序章(2007年04月10日)
「のだめカンタービレ」とベートーヴェンの交響曲第7番(2006年12月09日)

soe006 ジャズと映画と娯楽小説/アーカイブ

Copyright 2022 soe006.com All Rights Reserved.