soe006 「のだめカンタービレ」:序章 PART III

この日記のようなものは、すべてフィクションです。
登場する人物、団体、裏の組織等はすべて架空のものです。ご了承ください。

「のだめカンタービレ」についての覚え書き:序章 PART III

April 15, 2007

ここ最近、事あるごとに「ぷぎゃー」とか「ぎゃぼー」とか奇声をあげるので、妙だな何かあるな、とは感じていたんですよ。
それで訊いてみました。
「この曲の題名言えるか?」

「ベートーヴェン交響曲第7番。運命や第9ほどメジャーではないが、スケールが大きく、躍動感溢れる素晴らしい交響曲」

半分サル小僧が指揮振りしながら、クソ生意気に即答しやがった。
ものすごい影響力です。

そこで負けてはならじと、私もにわかクラシック・ファンに大変身。
なにしろ音楽は義務教育しか受けてない、楽器も出来ないド素人ですから、ずいぶん的外れで間違いだらけで、独り善がりで頓珍漢なことばかり書き連ねると思いますが、そこは「のだめカンタービレ」に影響されて興味を持ったにわかファンってことで、なにとぞご容赦のほどお願いしますです。

このドラマは理屈抜きに面白いです。
もっとも理詰めで見たら、もうとんでもなく出鱈目だらけ。
なにしろ原作は、雑誌に連載中の漫画です。
そんなに目くじらを立てるほどのことはないんですが。

例えば、ヴァイオリン・ケースを持っている学生に水をかけたりとか、ピアノを机代わりにしてボールペンでものを書くとか。音大の学生や教師はまずやらないでしょう。
野田恵(のだめ)が帰宅途中で、電柱の影で泣いているコントラバスの桜ちゃんと会う場面も、唐突というか偶然というか、ご都合主義というか。普通は伏線を用意しておくべき状況ですけど、そんなのお構いなし。

部屋には余計な物を置かないきれい好きな千秋真一が、こたつ事件から数ヶ月経っているのに、のだめが持ってきた段ボール箱をまだ置きっ放しにしていたり(性格の不一致といって役者が嫌うキャラ。いったいどんな性格で演じたらよいのか分からなくなる)、しかも、これでのだめの実家の住所を知るとか、伏線の貼り方もご都合主義。

なにより凄いのは……物語後半の中核となる、千秋真一とのだめのトラウマに関わる重要な部分。

指揮者になって世界に羽ばたきたいと願望している千秋真一は、少年時代に胴体着陸を経験して以来の飛行機恐怖症。それが障害となって海外留学できない。
それがこのストーリーの発端となっているわけです。
これを解決するのが、のだめの催眠術。
心療内科や催眠療法、加持祈祷や霊媒師など、試せるものは全部試したけど、それでもダメだったものが素人の催眠術で、ケロリと治ってしまう。
たいへんバカバカしいです。

もうひとつ、ドラマのクライマックスを形成しているのが、のだめの暴力に対する激しい拒絶反応。
少女時代にピアノ教師から受けた暴力が原因で、のだめは江藤先生のレッスンから逃げ回り、コンクールの予選でも過去の嫌な記憶が甦って投げやりな演奏をしてしまいます。
不可解なのは、のだめは、第1回からレッスン中に千秋に楽譜を投げつけられたり、汚部屋で殴られたりさんざん暴力をふるわれているのに、こちらには無反応なんですね。
殴られ、蹴られ、鎖で縛られても、「ぎゃぼー」とか「ぷぎゃー」とか奇声をあげるだけ。ぜんぜん嫌がっていない。
相手が(片想いの)恋人だから平気なの?
……じゃないんですね。ヴァイオリンの峰龍太郎やティンパニの奥山真澄からも、けっこうどつかれたりしている。

マジで見ると、腹が立つくらい酷いものです。
雑誌連載の漫画が原作だから、行き当たりばったりのストーリー展開は仕方ないのですが……ドラマ化にあたって脚本家は、当然再考しなければならないところでしょう?
このあたり、「所詮原作はギャグマンガだから」という軽いノリで、ドラマは逃げています。
原作にない独自の解釈を施すと、原作ファンは嫌がるし、それが成功した場合でも(ストーリーの核心部分ゆえ)原作とは異なる作品になってしまいますからね。
(例:相米慎二監督、丸山昇一脚色の『翔んだカップル』とか)

とはいえ、1巻から9巻までの原作コミックを全11回のシリーズにまとめた構成は見事でした。
第1回から峰龍太郎や奥山真澄、世界的に有名な指揮者のシュトレーゼマンが登場し、R☆Sオーケストラのコンミスになる三木清良までもが同じ音大に通っているという設定変更に、原作ファンは最初は戸惑っていたようですが。
龍太郎が追試の伴奏をのだめに頼むエピソードと、のだめに嫉妬する真澄ちゃんのエピソードを1本にまとめたり(第2回)とか、とてもうまい。
第4回は、コタツのエピソードから、プリごろ太、Sオケの初舞台成功まで、テンポよく並べて出色の出来です。

こういう一連の作業は、シナリオライター個人の独断でできるものではなく、プロデューサー、演出家と綿密なディスカッションを重ねたうえで決定されるものです。
特にこのドラマでは、音楽やCGが多用されていたので、かなり細かい打ち合わせがなされたと思いますね。

キャスティングも、(理事長役の秋吉久美子を除いて)良好。
『スウィングガールズ』があった上野樹里はいいとして、パッとした役に恵まれなかった玉木宏には、千秋真一役が(これまでの)代表作となることでしょう。

のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組)
amazon

のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組)

アミューズソフトエンタテインメント

2006年10月16日より全国フジテレビ系列
月曜9時放送

☆出演
野田恵 … 上野樹里 / 千秋真一 … 玉木 宏 / 峰龍太郎 … 瑛太 / 三木清良 … 水川あさみ / 奥山真澄 … 小出恵介 / 多賀谷彩子 … 上原美佐 / 大河内守 … 遠藤雄弥 / 佐久 桜 … サエコ / 峰龍見 … 伊武雅刀 / 河野けえ子 … 畑野ひろ子 / 佐久間学 … 及川光博 / 江藤耕造 … 豊原功補 / 谷岡 肇 … 西村雅彦 / 理事長 … 秋吉久美子 / フランツ・シュトレーゼマン … 竹中直人 / 秘書エリーゼ … 吉瀬美智子 / セバスティアーノ・ヴィエラ … ズデニェク・マーツァル / 石川怜奈 … 岩佐真悠子 / 田中真紀子 … 高瀬友規奈 / 玉木圭司 … 近藤公園 / 橋本洋平 … 坂本真 / 岩井一志 … 山中 崇 / 鈴木 萌 … 松岡璃奈子 / 鈴木薫 … 松岡恵望子 / 金城静香 … 小林きな子 / 井上由貴 … 深田あき / 金井 … 小嶌天天 / 黒木泰則 … 福士誠治 / 菊地亨 … 向井 理 / 木村智仁 … 橋爪 遼 / 片山智治 … 波岡一喜 / 相沢舞子 … 桜井千寿 / 三善征子 … 黒田知永子 / 江藤かおり … 白石美帆 / 瀬川ゆーと … 伊藤隆大 / 高橋紀之 … 木村了 / シャルル・オクレール…Manuel Doncel / 野田 恵(幼少時)… 森迫永依 / 千秋真一(幼少時)… 藤田玲央 / のだめ父 … 岩松了 / のだめ祖父 … 江藤漢斉 / のだめ祖母 … 大方斐紗子 / のだめ弟 … 別當優輝 / のだめ母 … 宮崎美子 / のだめオーケストラ / 全国ののだめファンの皆さん

Amazon.co.jp アソシエイト リンク
のだめカンタービレ
クラシック・ミュージック関連書籍/クラシック入門・名盤ガイド
クラシック・ミュージック関連書籍/ 楽譜
CD クラシック・ストア
「のだめカンタービレ」 関連ページ
のだめカンタービレSP 使用曲推薦盤(6)(2008年01月20日)
のだめカンタービレSP 使用曲推薦盤(5)(2008年01月15日)
のだめカンタービレSP 使用曲推薦盤(4)(2008年01月12日)
のだめカンタービレSP 使用曲推薦盤(3)(2008年01月09日)
のだめカンタービレSP 使用曲推薦盤(2)(2008年01月07日)
のだめカンタービレSP 使用曲推薦盤(1)(2008年01月06日)
「のだめカンタービレ」 新春スペシャル(2008年01月05日)
和製ビッグバンド? 「ラプソディー・イン・ブルー」(2007年09月30日)
クラシック de 枕草子(春):サン=サーンス(2007年08月27日)
ベートーヴェンのピアノソナタ(2007年04月23日)
メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」(2007年04月21日)
ドヴォルザーク:チェコ組曲(2007年04月17日)
「のだめカンタービレ」:序章 PART III(2007年04月15日)
「のだめカンタービレ」:序章 PART II(2007年04月12日)
「のだめカンタービレ」:序章(2007年04月10日)
「のだめカンタービレ」とベートーヴェンの交響曲第7番(2006年12月09日)

soe006 ジャズと映画と娯楽小説/アーカイブ

Copyright 2021 soe006.com All Rights Reserved.